インタビュー – 山本 賢司

インタビュー – 山本 賢司

内藤大助選手のスパーリング相手でした。

高校、大学とアマチュアボクシングをやっていました。ライトフライ級(48kg)とフライ級(51kg)でやっていて、国内ベスト8までいきました。ボクシングはなんといっても減量が大変でしたね。当時は体重が62kgくらいだったので10kg以上落とさなくてはいけなくて。学生のときは内藤大助選手のスパーリングパートナーをしていたこともありました。週に2、3日くらいですかね。亀田興毅選手と体格が似てるから、と(笑)
yamamoto01

進路はネットで見つけました。

大学を卒業したらどうしようかと悩んでいました。ボクシングの経験を生かせる仕事がないか探していたときに、クラヴマガにたどり着いたんです。今までやっていたボクシングは上半身しか使わない格闘技でしたから、クラヴマガの何でもありのところに惹かれたんです。特に一番驚いたのは、急所への打撃ですね。股間蹴りやるのか、と(笑)。

また、武器を持った相手への対処なんかも、ボクシングでは絶対やりませんからね。そういった興味もあり、ちょうどインストラクターの募集をされていたのでここにしようと決めました。

将来はサバゲーのフィールドを作りたい。

yamamoto02
オフの日はだいたいサバゲー(サバイバルゲーム:エアガンとBB弾で撃ち合う競技)しています。都内だと立川とか秋葉原とか、時には埼玉や千葉まで行くこともあります。

ちょうど先日(2017年10月)僕が主催したサバゲーイベントもあったんです。マガジムの会員の方と一緒に行ってきました。 サバゲー初心者の方もたくさんいたのですが、楽しかったよと言ってもらえたり、興味をもってもらえてとても嬉しかったです。

この前も会員の方が「サバゲー用の銃を買ったんです!」と教えてくれたので、「買ったんですかー!あー、それあんまりよくないですねー(笑)」なんて話したりしました。そうやって話しかけてくれると嬉しいですね。

普段の生活は自由気ままかもしれません

食生活では特にストイックな制限などはしていません。僕は食べるのが好きなので、好きなものを程よく食べています。マガジムではパートタイムインストラクターをしていますが、マガジムでの指導とトレーニングが自分を鍛える時間でもあります。そういう意味では会員のみなさんと同じような生活をしてるんじゃないかなと思います。毎日違う格闘技のトレーニングをして、試合前にガッツリ減量しなきゃいけない猿ちゃん(猿田洋祐さん)とは真逆ですね(笑)

大丈夫です、なんとかなりますから!

yamamoto03
格闘技に興味あるけどいきなりゴリゴリのボクシングやキックボクシング、総合格闘技のジムに行くのはちょっと・・・と思っている方はぜひ一度うちに来て体験してほしいですね。 クラヴマガは護身術ですがとてもアクティブなので、トレーニングでは格闘技の雰囲気も兼ね備えていますよ。

また、格闘技は全然知らない・・という初心者の方や、とりあえず護身術を習いたいという女性の方でも、シンプルで覚えやすいクラヴマガはすぐに身に付くものばかりなので安心して来てほしいです。

先日体験にきた方に感想を伺ったら「きつい・・・」って言われましたが、結果的にその方もちゃんと続けられています。きつさ以上の楽しさをマガジムは提供できると思います。

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733