インタビュー – 菅谷 良一

インタビュー – 菅谷 良一

要人警護からクラヴマガのインストラクターへ転身

sugaya01
私がクラヴマガを知ったのは雑誌です。今は廃刊されていますが、当時好きだった格闘雑誌があって、そこでクラヴマガが特集されていました。

その頃は要人警護会社に勤めていてホテルでボディーガードをしていました。当時ボクシングや空手をやってはいたのですが、ナイフなどの武器を持った相手の対処に不安を感じていたのでクラヴマガを習いに行ってみたんです。

そうしたら初回から金的(股間の急所)に対する攻撃を練習したのでびっくりしたのを覚えています。おもしろいなと思ってそのまま入会しました。半年くらいした時に、当時指導してくれた方から一緒にインストラクターにならないかと誘われて、今に至ります。

手で金属バットを折れます。

sugaya02
日々のトレーニングでは局部鍛錬をしています。倉本塾という武術の鍛錬の一つで、木に巻き藁をくくり付けて手の甲で叩くんです。今日も500回くらい叩いてきました。9年くらい、ほぼ毎日やっています。

この鍛錬をすることで力をこめなくても殴れるようになるんです。 人間って力を込めて殴ろうとすると前腕の筋肉が関与するのでパンチが遅くなってしまうんですね。なので、普段からリラックスしてふわっと握ったままでも重いパンチが殴れるように鍛錬しています。

おかげで、手で金属バットを折れるくらいにはなりました。あとは怪我防止のためでもあります。よく私の手をみて「手の怪我大丈夫ですか?」って会員の方にびっくりされますが(笑)

局部鍛錬するきっかけになったのは、空手で調子に乗っていた20代の頃に建築現場の木材を殴ったことですね。拳は鍛えていたので平気だと思っていたのですが、しばらく手が腫れちゃって。どうやら衝撃で甲の部分が折れていたようなんです。それでちゃんと怪我をしないように他の部位も鍛えなきゃだめだと思い、局部鍛錬をすることにしました。

トレーニング以外で普段気をつけているのは、危険な場所、暗い場所には行かないことですね。路地裏や人気の少ない場所を避けるのも護身に繋がりますから。
sugaya03

息子が「痛いのは嫌だ」と(笑)

オフの日はほとんど息子の野球の応援に行っています。息子にも一度キックボクシングをやらせたことがあるんですが、甲子園を見て「野球がやりたい、痛いのは嫌だ」と言われました(笑)

あと、最近は行けていませんが釣りが好きです。渓流でのエサ釣りですね。奥多摩の手前の秋川とか、友達が住んでいるので長野の大町とか行って釣っていました。

この手を目指して来てください!

sugaya04
私はクラスの他にもパーソナルトレーニングでストレッチや効率の良いカラダの使い方、力の伝え方をテーマに教えています。カラダの硬い人・柔軟性向上を目指したい人はもちろん、力がないから・・・と思っている人はぜひ受けに来てください。自分の変化にびっくりすると思います。

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733