スタッフブログ「「大切な人を守る方法と拘束の仕方」ワークショップ開催報告!」

スタッフブログ

「大切な人を守る方法と拘束の仕方」ワークショップ開催報告!

Staff Blogイベント 2018.4.11

4月7日(土)、春のワークショップシリーズ第一弾として、西尾 健インストラクターによる「大切な人を守る方法と拘束の仕方」がマガジム六本木店で開催されました。

 

普段クラスではあまり習うことのない「暴れる相手の拘束の仕方」や「第三者の防御方法」のテクニックには、多くの会員の皆さんが興味津々!!本ワークショップは募集開始からあっという間に定員になってしまいました!!

 

 

IMG_8951

アメリカの警察官向けのクラヴマガテクニック(拘束方法を含む)のトレーニングを積んでいる西尾インストラクターは、皆さんの期待に応えるべく、秘技の一部を皆さんにお教えしました。

 

⚫︎⚫︎拘束の方法⚫︎⚫︎

さて前半は「拘束の仕方」から開始。

 

この日扱ったのは、二人で揉め事が起きているときにどちらか一方を拘束するためのトレーニングです。

西尾インストラクター曰く、この後のテクニックは大切ですが、その前にそもそも二人のうちのどちらを拘束すべきなのかその見極めがとても難しく、重要!とのこと。

 

①一人を引き離すための方法(抵抗あまり無し)

最初は二人のうちの一人を隔離し、その場をクールダウンさせるための方法です。

 

IMG_8896

 

相手の背後から、片手で相手の手首を掴み、もう片方の手で相手の肩を抑えます。すると相手は肩にプレッシャーを感じて自由に動きずらくなるので、引き離したい方向に連行します。

 

ポイントは肩に触れている手で相手の動きを感じ取ること。急激に抵抗してきた場合は、すぐに次の対処方法に移行する必要があります。

 

②相手が抵抗してきた場合

①をした後、相手が言うことを聞かずに抵抗してきた場合の対処方法。肩に添えた手をスライドして相手の肘へ移行。と同時にもう片方の手でつかんでいる相手の手首を手前に引くと、相手の肘にプレッシャーがかかります。

 

IMG_8915

 

それでも相手が抵抗して動き回る場合は、今の体制をキープしながら自分が円の中心になり、相手がその周りをぐるぐる回るようにするといいとのこと。

 

③拘束まで

さらに暴れる場合は、肘にプレッシャーをかけならが相手の動く方向と同じ方へ更に圧力をかけ、うつ伏せ状態にします。

 

IMG_8926IMG_8927

 

そして相手の首の後ろに左膝で体重をかけながら、相手の左腕を背中に周して左手の甲を手前に引くと、相当なプレッシャーを与えられます。

 

IMG_8931

 

④拘束まで(脇の下をさす)

③と同じような動きでも右腕を相手の脇下からさして右肩でプレッシャーをかけ、うつ伏せにさせるオプションもあります。こちらは動画でごらんください!!

 

 

⑤立ったままでの拘束

今度は立った状態のまま相手の腕から肩をきキメ、そのまま連行する方法です。

 

IMG_8955 IMG_8962

 

相手の左腕を背中に回し、左肘を使ってホールドし、左手首を写真のようにキメます。と同時に右手で相手の右肩を手前に引くことで強烈なプレッシャーを与えらえますので、相手は抵抗できません。このポジションから、連行したい方向へ連れて行きます。

 

それでも相手が暴れて地面へ伏せさせる必要があれば、右足で相手の左足をスイープ(払う)います。

ただし倒れ方によっては顔面や頭部を地面に強打し大変危険ですので、ここはあくまでもスロートレーニング!

 

IMG_8970

 

⑥殴りかかっている人を拘束

拘束テクニックの最後は、殴っている人を取り押さえるシナリオ。

 

IMG_8980

 

殴るために振り上げている腕の脇の下をさし(写真だと右手を相手の右脇の下からさす)、もう片方の手で(写真だと左手)相手の左顎を抑えます。そのまま左手を手前にひくと、相手にプレッシャーを与えられ、そのままグランドにテイクダウン。

その際のポイントは、自分の体を相手の体に密着させることとのこと。

 

⚫︎⚫︎第三者の防御⚫︎⚫︎

 

後半は第三者の防御。

こちらは簡潔に、扱ったシナリオと対応する写真を掲載致しますのでご参考ください!!

 

①第三者がナイフを向けられている場合

IMG_8993 IMG_8994

IMG_8999IMG_9001

 

②第三者の喉元にナイフが突きつけられている場合(刃先はアタッカー側を向いている)

IMG_9013 IMG_9014

IMG_9015 IMG_9016

 

③第三者が背後からナイフを突きつけられ人質にとられている

IMG_9029 IMG_9024 IMG_9023

 

いかがでしたか?

ワークショップ当日の様子がおわかり頂けましたでしょうか??

ご参加下さった会員の皆さんは、このブログを是非復習用教材としてご参考ください!!

 

ワークショップのファイナルは、今日習得したすべてのシナリオを参加者全員でおこなうドリルでした。

 

目の前で突然起きているトラブル(殴りかかっている人がいたり、ナイフで脅している人がいたり)を目にしたら、迷うことなく咄嗟に反応して相手を拘束、またはディフェンスをするという、高度なドリルで大変チャレンジングでした。

 

新しい知識をたくさん得た参加者の皆さんの表情は大満足!!

 

中にはペースが早かったので難しかったという感想も一部ありましたが、多くの方が同じテーマで同様のセミナーやワークショップの開催を期待されていました。

 

西尾インストラクターも技術をどんどん皆さんにご教授していくつもりですので、是非次回をご期待ください!!

 

 

 

 

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733