女性でもできる蹴りの護身術

How to 護身術

女性でもできる蹴りの護身術

How to 護身術凶器を持った相手 2021.6.13

クラヴマガではパンチや蹴りを護身目的で使いますが、時々会員の方から「蹴りなんて本当に護身で使えるんですか?特に女性でも。」という質問を頂きます。


今回はその疑問に応え、「蹴りは女性でも護身に使えるか?」がテーマです。

クラヴマガはまだ素人のマガジム女性スタッフ中山さんが蹴りの特訓を受けた後、チャレンジに挑みます!

“蹴り”の重要ポイント

蹴りの種類には「ミドルキック」「ハイキック」「股間蹴り」など様々なものがありますが、今回は、「フロントキック(前蹴り)」を解説します。


フロントキックにも何種類かありますが、相手の突進を止めることが目的の「ディフェンシブ・フロントキック」を扱います。


そのポイントは以下の通りです。

  • しっかりと地面を蹴る
  • 膝を上げる
  • 腰を前に出す
  • 足裏全体で蹴る


マガジムチャンネル動画で解説!

まずはこれらのポイントを抑えたうえで、動画をご覧ください!

今回の動画はいかがでしたでしょうか?
この後、動画の解説を記載しますので、復習目的にチェックしてみてください!


マガジムは様々なシチュエーションに合わせた護身術や、そもそも危険な環境を作らないための極意を学べるジムです。
気になる方は、クラス体験やクラス見学に是非お申込みください。



女性もできる「ディフェンシブ・フロントキック」解説

それでは、マガジムチャンネル動画の解説をしていきます。
練習をつめば女性でもいざという時とっさに使える技術です。


しっかりと地面を蹴る

地面を蹴る

まずは軸足(蹴らない方の足)で地面をしっかりと蹴ることが重要です。
地面を蹴ることで生まれる反動(地面反力)が、それ以降のパワーを生み出します。


膝を上げて、腰を前に出す

膝を上げる

蹴り足の膝を、腰の高さまで上げます。

腰を前へ

そして速やかに、腰を前に出します。
腰を前に押し出すことで、フロントキックにパワーが生まれます。


足裏全体で蹴る

足裏全体で蹴る
ターゲットを踏みつけるイメージで、足裏全体で蹴ります。

自分の体重が蹴りに乗り、相手を後方にのけ反らせることによって距離を作ることができます。

距離が確保できたら、素早く逃げましょう。


危険な場面に遭遇したら

危険な場面に遭遇したら、まずは逃げることが最優先です。
戦わずして自分の身を守れるのであれば理想ですが、それが難しいことがあるのが現実。

危険な場面に出くわした時に、冷静に対応できる心技体が重要です。


マガジムでは、護身術の技だけではなく、危険な状況にあった時に、慌てず冷静な判断ができるようなメンタル強化ができます。
気になった方はまずはクラス体験にお申込み下さい。

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733