身を守るための護身術を身につけよう

身を守るための護身術を身につけよう

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 身を守るための護身術を身につけよう

身を守るための護身術を身につけよう


護身術を学ぶメリットとは?



護身術の目的は身を守ることです。例えば街中で危機的状況に陥った時でも護身術を学んでいれば相手からの攻撃をかわして身を守ることが可能になります。このように、基本的には身を守るために学びますが、実際に学ぶことのメリットは身を守ることだけではありません。色々メリットがあるので女性からも男性からも人気を集めています。では、どんなメリットがあるのかについてここでは紹介します。

まず1つ目は体をしっかりと鍛えられることです。基本的に体を鍛えるためには重たいものを持ち上げたりして筋力を増強させるのが一般的な方法になりますが、筋肉は鍛えたいけど重たいものを持たない方法で楽しく体を鍛えたいと思っている方もいるでしょう。こういった時には護身術を学べば体全身の筋肉を鍛えることができます。足から腕まで様々な筋肉を使うのが特徴的なので、楽しく技を学びながら筋力を鍛えられるというのは魅力的です。

続いて2つ目は運動不足を解消することができるというメリットがあります。近年では特に社会人による運動不足が問題視されています。では、なぜ運動不足が良くないのかというと、肥満にも繋がることがあり、それによって病気に繋がってしまうこともあるから。誰しもが健康的な身体を手に入れたいと思ってはいますが、なかなか仕事をしながら運動をするというのは大変です。その為、運動をせずに諦めているという方も多いと言われています。また、ただ単に走るだけや、筋力トレーニングをやるだけでは特に続かないという人も多いでしょう。運動不足を解消するためには続けることが必要で定期的に運動をしなければなりません。長く続けるためには楽しいと思わないといけませんが、ただ単に運動ではなく、護身術など学びながら運動ができれば辛いという気持ちも減るので、長く続けられる可能性が高くなります。楽しく運動ができるので、運動不足解消にも繋がります。

その他にも3つ目は美容面でメリットがあります。美容のためには汗などで毒素を排出することが大切ですが、護身術は運動と同じように大量に汗が出ます。その為、美容効果にもつながると言われており、肌の質も変わる可能性があります。美容面でもメリットがあるので魅力的です。





護身術を学ぶときの注意点



これから護身術を学ぼうと思っている人もいるかと思いますが、始める前には注意したいことがいくつかあります。ここではこれから始めるという方のためにも学ぶときに注意したいこととは何かについて紹介します。

まず1つ目の注意点はウォーミングアップやストレッチは忘れずに行うことです。人によっては準備運動をせずに始めようとする人がいますが、いきなりの運動は捻挫や肉離れ関節の痛みに繋がる可能性があります。ケガをしてしまうと再び長期間運動をすることができなくなってしまいます。特に護身術は体全体を使うので、しっかりと準備運動をしないとケガに繋がります。ケガをすると日常生活にも支障をきたすので、安全に楽しく行うためにもウォーミングアップやストレッチなど準備運動は忘れずに行いましょう。

続いて2つ目の注意点は水分補給はこまめに行うことです。特に女性はダイエットを兼ねて学ぼうと思っている人もいるでしょう。人によっては勘違いをしている人もおり、食事を摂らない人や水を飲まずにダイエットをしている人がいます。しかし、こういったダイエットをすると脱水症状などを引き起こす恐れもあり危険です。特に水分補給は汗を大量にかくのでこまめに行うことが大切です。

その他にも3つ目は無理をしないことです。護身術は楽しいと感じる人が多く、熱中してしまいがちですが、特にケガをしている場合や、身体を痛めている場合は無理をしてはいけません。ケガ等の悪化につながる危険性があるので、身体などを痛めている場合は避けるようにしましょう。このように、いくつか注意点もあるので安全に楽しく学ぶためにも守るようにしましょう。




どこで護身術を身につける?



護身術を学びたいと思ったらトレーニングが出来るジムに行く必要があります。実際に種類も多いので、どこの会員になるかは重要です。ここではいくつか選ぶときにチェックしたいポイントをお伝えします。

まず1つ目はインストラクターについてチェックしておきましょう。インストラクターは技術がしっかりとしていないと正しく学ぶことができません。基礎から応用までしっかりと教えてくれるかどうかは重要になるので、会員になった後に失敗したとならないためにもどんなインストラクターがいるかはチェックしておくといいです。

続いて2つ目は女性でも通える環境かどうかをチェックしましょう。例えば中には上級者しかいないようなジムも存在しています。上級者ばかりのところで初心者の女性が入るというのは無理があるので、初めての方でも安心して学べる環境かどうかをチェックしましょう。初心者コースがあれば女性でも気軽に護身術を学ぶことができます。