護身術を身につけておくとメリットが多く便利

護身術を身につけておくとメリットが多く便利

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 護身術を身につけておくとメリットが多く便利

護身術を身につけておくとメリットが多く便利

護身術とはそもそも何か



最近の日本は物騒になったというイメージを持っている方は多いでしょう。外を歩く時もいつ誰に襲われてしまうか分かりません。男性でも女性でも老若男女どのような人であってもそのようなリスクは常に存在するのです。暴漢から襲われたときに自分や家族を守りたいと考えている方はたくさんいるでしょう。いざというときのためにそのような知識や技術を身につけておくことはとても大切なのです。

護身術の定義はとても幅広いのですが、基本的には暴漢を撃退するための方法と考えておけば良いでしょう。ここで勘違いしている方が多い点として、これはあくまでも自分の身を守ることを最優先としているということです。相手を倒すことが目的ではありません。自分が危険から逃れるための方法を重視しているのです。さまざまな格闘技や、あるいは逮捕術のように相手を制圧したり逮捕することを目的とはしていないのです。そのため格闘技と似ている部分がたくさんあるのですが、細かい点では異なる部分も多いのです。

格闘技の場合は主に相手にダメージを与えることが目的となっています。一方、護身術の場合は自分の体や命を守ることを優先しています。そのため相手の間合いに不用意に踏み込んだりせず、常に逃げるための戦い方を学ぶことになるのです。また、そもそも危険な状況を避けるということが護身術の基本となっています。そのため人通りの多い場所を歩いたり、夜間に出歩かないようにしたり、治安の悪い場所には近寄らないようにするという点は基本となります。このような基本を踏まえたうえで自分の身を守るためのさまざまな方法を身につけていくのです。



護身術のメリット



護身術を学ぶことにはさまざまなメリットがあります。まず一番大きなメリットは万が一の際にリスクを避けることができる点です。危険な目にあってしまう可能性は常に存在しています。誰かに襲われたときに冷静に対処できるように護身術があるのです。これによって自分や周りの人を守ることができるのです。

また、習うことによって体を鍛えられるというメリットがあります。さまざまな動きを習うことになるため、普段運動をしていない方にとっては最初は辛いことがあるかもしれません。それでも何度も稽古をしているうちにどんどん体を鍛えられるのです。これによって健康面でも大きなメリットを得られるでしょう。体を動かすことによって病気の予防にもなるのです。運動不足を自然に解消できるようになるでしょう。女性の方にとっては美容にも効果的なのです。

他にも、精神的に安心できるようになります。自分は特別な技術を身につけていると思うことができれば、それだけで外を歩く際にも安心した気持ちになれるのです。万が一何かに巻き込まれそうになったとしても、自分は冷静に行動をして対処することができると自信を持てるようになるでしょう。これは護身術による大きなメリットといえます。もちろん誰かに襲われるようなことはない方が良いのです。それでも護身術を身につけていれば、突然誰かに襲われる恐怖に怯えることは少なくなるでしょう。

学ぶことを通していろいろな人間関係が形成できるかもしれません。一緒に習っている方と友達になることができるケースもあります。習い事一般に共通するメリットを得られるのです。






護身術の注意点



これから護身術を習う際の注意点について紹介しましょう。まずこちらは格闘技ではなく、相手を倒すためのものではないことをきちんと理解しましょう。この点を勘違いしていると正しく学ぶことができなくなります。

そもそも危険を避けるための努力をしておくことも大切です。わざわざ明らかに危険だと思われるようなところへ行くようなことをするべきではありません。夜中に女性一人が外を出歩くようなこともするべきではないでしょう。襲われないための努力をしておくことは大切なのです。また、護身用のためのアイテムを身につけることもおすすめします。大音量の防犯ブザーを持っていれば、それを使う方が暴漢から逃れられる可能性は高くなるでしょう。無理に対処しようとするのではなくて、すでに存在しているアイテムを積極的に活用していくことは大切なのです。

仮に襲われたとして相手に対処しようとしたときに過剰防衛になってしまうケースもあります。そのため基本的に襲われた場合には逃げることを優先させるべきでしょう。逆にこちらから相手に危害を加えるような可能性も避けるべきなのです。余計なトラブルが増えてしまうだけです。

実際に習ったことを実行できるかどうかは分かりません。いざというときに瞬時に判断をして躊躇しないことが大切です。そのような判断力を養うためには常に意識しておくことが重要でしょう。正しく使うべきタイミングで自分の習った技術を活用して身を守るようにしましょう。習ったものを実際に活用できれば、その技術は決して無駄なものにはならないでしょう。