護身術をジムで教えてもらうためのポイント

護身術をジムで教えてもらうためのポイント

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 護身術をジムで教えてもらうためのポイント

護身術をジムで教えてもらうためのポイント


護身術を習うメリット


護身術は最近はジムで気軽に学ぶことができます。身につけておくと、もしものときに安心できるのではないでしょうか。日常生活の中でも物騒な場面に巻き込まれてしまう可能性は常に存在しています。そんなときに自分の身を守るための方法を教えてくれるのが護身術なのです。
護身の基本となるのは自分を襲ってきた相手を撃退することです。これは相手を倒すというわけではなくて、相手の動きを止めるという意味合いが強いです。これによって隙を作り出して、その間に逃げるための時間を稼ぐのです。そのため、格闘技とは方向性の異なるものとなっています。危険な状況から、いかにして安全な状況に戻るのか、どうすれば危険な状況を避けられるのかを教えてくれます。そのために例えば相手の急所を一瞬でついて、相手の動きを一瞬止めるということを教わるのです。そのための様々な技術や知識を身につけられるようジムでは教えてくれます。護身術は基本的に自分の命を守るために存在しています。自分自身がダメージを受けずに、相手に対してダメージを与え、素早く逃げ出す術なのです。
欧米では一般的に普及しており、特に女性が身につけておくべきと考えられています。もちろん、男性であっても役に立つものです。単に相手を撃退するためだけではなくて、精神的な面においてもプラスの効果を期待できるでしょう。落ち着いて周囲の状況を把握できるようになり、自分に自信を持てるようになるのです。防犯への意識を高めることもできます。
このようにさまざまなメリットがあるため、ぜひとも護身術を習ってみましょう。たくさんのジムでコースが用意されています。護身術を専門としているところもあるので探してみてください。




護身術と格闘技の違い


護身術と格闘技はどちらもジムで教えられていますが、どのような違いがあるのかしっかりと理解していないという方は多いのではないでしょうか。しかし、実際にはかなり異なっているものです。
護身というのはあくまでも自分の身を守り、危険を回避することです。そのため、積極的に相手を攻撃したり、必要以上に傷つけたりはしません。また、格闘技との大きな違いとして、相手に勝つ必要がありません。逃げることができれば、ある意味それが勝ちとなるのです。
格闘技というのはそもそもきちんとしたルールがあります。一対一で基本的に戦うことになり、お互いがフェアな精神を持って戦うことになるでしょう。きちんと審判がいて、ルールを破るようなことがあればその選手は反則したことになり、退場することもあるでしょう。
一方、護身術の場合は街中や路上を歩いていて突然相手に襲われることになります。暗闇の中で襲われたり、背後から急に襲われることもあるでしょう。相手が武器を持っていることもあれば、複数の相手に襲われることもあるのです。したがって、フェアでない状況であり、自分が圧倒的に不利な状況の中で身を守る必要があるのです。そのための技術を身につけることができるのが護身術なのです。ルールのない場面でどのような行動を取れば自分の身を守れるのかを重視します。できるだけ被害を最小限に抑えることが必要となるのです。たとえ日本であっても、いつどこで危険な状況に巻き込まれてしまうか分かりません。そんなときに身を守る技術を身につけて、メンタルを鍛えることは大切でしょう。




ジムの選び方


これから護身術を学ぶためのジムの選び方について教えましょう。
まず専用のジムを探しましょう。そうすれば、専門的な知識やスキルを持った人が教えてくれます。また、インストラクターの質をチェックすることも大切です。トップクラスの技術を持った人から教えてもらえるならば、効率よくテクニックを身につけていくことができるでしょう。効果的なトレーニングができる可能性が高まるのです。
しっかりと丁寧な指導をしてくれて、フォローアップもしてくれることは大切でしょう。アフターフォローまでしてくれるところならば安心できます。さまざまなサポートを用意してくれるところを選ぶと良いでしょう。
楽しんでトレーニングができることも大切です。確認したいならば、例えば体験入会のような制度を利用してみましょう。実際にそこでトレーニングを受けてみないと分からないことはたくさんあります。
また、どのくらいの費用がかかってしまうのかはしっかりとチェックしておくべきです。予算を決めておいて、それに収まるぐらいの料金設定となっているジムを利用しましょう。
どのようなレッスンが用意されているのか調べておきましょう。複数のクラスに分かれていることもあります。それぞれのレベルや習熟度別にクラス分けされていたり、テーマごとに分かれているケースもあります。初心者から上級者までが満足できる指導が受けられることを重視しましょう。
以上の点を意識しながら選んでください。たくさんの選択肢がある中から自分に最適なところを選びましょう。