護身テクニックを身につけるメリットや注意点とは?

護身テクニックを身につけるメリットや注意点とは?

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 護身テクニックを身につけるメリットや注意点とは?

護身テクニックを身につけるメリットや注意点とは?

護身テクニックを身につけるとどんなメリットがある?



最近はさまざまなジムが護身テクニックを教えてくれますが、そもそも護身テクニックを身につけるメリットには何があるのでしょうか。例えば護身テクニックを身につけるにあたってトレーニングを行うので、自然と筋肉が身体に付くようになります。すると顔も身体も締まるようになります。また、テクニックを身につけることができたら、自然と自分に対して自信が持てるようになります。自信がつくと、性格も積極的になり、人間関係もビジネスもうまくいく可能性が高くなります。

また、護身テクニックを身につけるということは、効果的に身体を動かすということなので、シェイプアップにもなります。特に女性であれば、無駄に筋肉を付けるのではなくて美しく痩せたいと思っている方が多いですが、そのためにはハードなトレーニングで筋肉をつけるのではなく、護身テクニックを身に着けつつ、身体を動かすために必要な筋肉だけを効率よくつけるようにすると効果的です。

筋肉がつけば自然と代謝が良くなるようになります。すると摂取したカロリーを消費しやすくなり、脂肪がつきにくくなります。その結果、自然とモデルのように無駄が無く美しいボディーバランスに近づいていくでしょう。普段身体を動かしていない方にとっては、最初はハードかもしれませんが、何度も反復練習していくうちにどんどん筋肉が鍛えられます。

このように、護身テクニックを学ぶことによって、健康面においても、美容面においてもメリットを得ることができます。また、運動不足は病気の原因になりますが、身体を動かすことによってストレス解消にもなり、病気の予防にもつながります。楽しく身体を動かしつつ健康にもいいので、ぜひやってみましょう。





護身テクニックを身につけることで安心感を得ることができる



護身テクニックを学ぶことには色々なメリットがありますが、やはり最大のメリットは万が一のときにリスクを避けることができる点です。普段から一人で行動しないようにしたり夜の外出は控えたりするなど、いくら気をつけていても突然暴漢に襲われてしまうリスクは常に存在します。そんなときに冷静に行動するためには、普段からトレーニングして護身テクニックを身につけていることが必要です。自分はもちろんですが、大切な家族も守ることができます。

これらはトレーニングを繰り返すことによって身につけることができますが、やはり実際に身につけると精神的に安心感を得ることができます。自分が自分を守れる技術を身に着けているという自信は、行動にも表れるようになります。精神的にも肉体的にも強くなれば、自然と危険な目に遭う可能性も低くなります。もちろん危険な目に遭わないように普段から気をつける必要はありますが、護身テクニックを身に着けておくことで安心して生活することが可能になります。

また、学ぶことで自然と人間形成もできてきます。一緒に学んでいる人と仲良くなり、人間関係を広げることもできます。単純に護身テクニックだけが身につくのではなくて、日常生活では得ることができない様々なものを得ることができるでしょう。最近は女性でもそのようなジムに通う方が増えつつあるので、自分が女性だからといって恥ずかしい思いをする必要はありません。フィットネス目的はもちろんですが、本格的な格闘技として身につけることもできるので、目的に応じて通うとよいでしょう。





護身テクニックを身につけるときの注意点とは?



護身テクニックを身につけることで、危険な目に遭ったときにも自分の身を守ることができますが、そもそも護身とは相手を倒すためのものではないという認識を持つことが大事です。護身とはあくまでも自分を守ることを目的としています。もちろん暴漢に対して防衛するために相手に打撃を与える必要性もありますが、過剰防衛になってしまうと話は別です。したがって、そもそも危険な目に遭いそうなところには近づかないようにし、もしも暴漢が襲ってきたらなるべく逃げるようにすることが大事です。最近ではあれば催涙スプレーや防犯ブザーなどが販売されているので、そのようなアイテムを普段から持ち歩いておくのもいいでしょう。

ただ、現実問題として不意打ちで襲われたときには、やはり普段からのトレーニングがものを言うので、なるべくジムで護身テクニックを身に着けておいた方がいいのは確かです。ジムでは対暴漢を想定したトレーニングなども行うことがあるので、いざというときにも瞬時に正しい判断をすることができます。そして、結果的に相手に攻撃しなければいけないと思ったのであれば、トレーニングを通して身につけた技術を活用しましょう。

あくまでも相手を攻撃するのは最終手段として理解しておき、自分を守るために使うと決めておけば乱暴な使い方にはなりません。本当の意味で強くなるためには、テクニックだけではなくて精神的にも強くならないと意味がありません。ジムでトレーニングするときにも、このことを念頭に置いておきましょう。