格闘技の種類や格闘技を学ぶためのジムの選び方

格闘技の種類や格闘技を学ぶためのジムの選び方

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 格闘技の種類や格闘技を学ぶためのジムの選び方

格闘技の種類や格闘技を学ぶためのジムの選び方



格闘技の種類について



今では日本で習われているスポーツの種類は複数ありますが、子供から大人まで多くの人に関心をもたれているスポーツに格闘技があります。格闘技には様々な種類があるので、これから習うことを検討している人はあらかじめ種類を知っておけば、選ぶ際に参考にできるのではないでしょうか。例えば種類の一つとして挙げられるのが柔道です。柔道は日本では有名な武道の一つです。4年に度オリンピックが開催されますが、過去に開催されたオリンピックの中において柔道選手の多くがメダリストになった年もありました。そのため、一度はテレビ等でプロの柔道家が活躍している様子を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。男性だけでなく、女性も行うことができる武道で部活や体育の授業としても取り入れられているので身近な格闘技ともいえる存在です。

その他にも相撲を挙げることができます。相撲は春場所をはじめ、1年間で何度も開催されます。実際に大人の中には相撲を習い事として始める人は少ないです。一方で学生などにおいては力士を目指すために始める人も多くいます。女性力士は少なく男性の競技として知られています。それから少林寺拳法があります。少林寺拳法は有名な映画にも登場することがあるので一度は耳にしたことがある人も少なくないでしょう。少林寺拳法は中国の武術のイメージを抱いている人も多いですが、日本で創設された武道の一つです。武階などもあり、柔道や空手に似た武道の一つになります。

加えてボクシングも挙げることができるでしょう。フライ級など体重によって分けられており、日本においてもチャンピオンになった選手はたくさんいます。定期的にテレビなどでは防衛戦などが行われるので、視聴している方も多いです。ボクシングは大人が趣味として始める人も多く、実際に街中にはジムなども数多く存在しています。プロのボクサーにおいては体重減量などをしますが、趣味として始める人はパンチの打ち方などを習ったり、厳しい訓練が行われないジムもあります。基本的にパンチを打つだけでも多くのスタミナを消費するスポーツになるため、ダイエットをする目的などで通う人も多くいます。このように格闘技の種類は複数ありますが、近年ではクラヴマガを始める人も多くいます。では実際にクラヴマガとはどのような格闘技なのでしょうか。





クラヴマガについて



クラヴマガは日本にある格闘技の種類の一つで、イスラエルから伝わった武道の一つになります。この格闘技を始める人の中には護身術を身に付ける目的でジムに通う人もいます。護身をする機会は少ないですが、もし万が一の時に護身術を覚えていれば役立てられる可能性があります。そのため、実際にお子様や女性の中にも習っている人は少なくありません。覚えやすいという点でも趣味として始められやすい格闘技の一つです。基本的にボクシングにおいても柔道においても相手にダメージを与えたり倒したりするための技術を習得しなければなりません。特に柔道においてはたくさんの技があるのでその中にはなかなか習得できないものや習得に多くの時間が必要なケースもあります。

一方でイスラエルから伝わったクラヴマガにおいては、人間が本来持っている条件反射という動きを取り入れている格闘技になるため、柔道などに比べて覚えやすいという特徴があります。また、忘れにくいため男性や女性または年齢に関係なく多くの人が取り組みやすい武道の一つです。もし習うことで武器を使った相手から護身する方法を知ることができたり、複数の相手から護身できる武術を学んだりすることができるので、万が一の時には活用できます。更にこのような護身術を覚えることで自分に自信を持つことができたりする人もいるのではないでしょうか。簡単に覚えることができますが、ボクシングなどと同様にスタミナを消費するスポーツになるので、汗を流して運動不足を解消したり、ダイエットをしたりする目的で通っている女性も少なくありません。





ジムの選び方を知ろう



クラヴマガを教えてくれるジムは複数あるので、どのようなジムが自分に向いているかわからない人もいるのではないでしょうか。選び方は丁寧な指導とフォローアップをしてくれるかどうかです。

特に今まで格闘技を習ったことがない人や護身術を学んだことがない方は初めて教えてもらうことになるので、丁寧な指導でなければレッスンについていくことができない可能性もあります。初めて学ぶ方は丁寧な指導をしてくれるところを選択することで、不安を少なくすることができるでしょう。

また、ジムの中にはレッスン終了後にメールやSNSからのフォローを受けられるところもあるので、インストラクターさんとのコミュニケーションをジムの外でも取ることができます。その他にもテーマ別にクラスを準備してくれるところを選択することで初心者だけでなく上級者においても充実した指導を受けることができます。