格闘技の種類と護身術の特徴

格闘技の種類と護身術の特徴

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 格闘技の種類と護身術の特徴

格闘技の種類と護身術の特徴


格闘技の種類について把握しよう



子供や学生の中には大会で優勝するために格闘技を学ぶ人もいますが、大人の中でも習いたいと考える人は少なくありません。例えば大人の中には趣味として始める人も多いです。各都道府県にはジムが点在していて、トレーナーから知識や技術を習得することができます。


通いやすい環境の人もいるため、習うことは難しくありません。これから趣味として取り入れたいと考える人の中には格闘技にはどのような種類があるのか知っておきたいと考える人も少なくないでしょう。知っておくことで趣味で始める方は参考にすることができます。


種類の一つとして挙げられるのが組技系です。組技系はその名の通り、組技を主体に行う格闘技のことです。我々の身近に感じるものとしてはレスリングや相撲、合気道になります。


例えばレスリングはオリンピックなどにも出場する日本の選手もたくさんいるので、知っている人も多いでしょう。また、相撲に関しては国技になるので、春場所などが開催されるとテレビで相撲を取る様子を視聴する人は少なくありません。これらは組技が主体になるので、組技系に分類されます。また、種類には打撃系もあります。これも同様に打撃技を主体として戦うものになります。具体的なものとして空手やカンフー、ボクシングなどを挙げることができます。特にボクシングに関しては大人になってから習う人もいます。性別に関わらずに利用できるジムもあるので、女性の方でもトレーナーからボクシングを習っている人は多いです。


また、空手に関しては小学校でも習っている子も多いので身近に感じる人は少なくないでしょう。組技系や打撃系以外にも総合格闘技があります。具体的には日本拳法や少林寺拳法です。その他にも戦闘技術としての格闘技も存在しています。例えば戦闘系の種類の一つには逮捕術などを挙げることができます。逮捕術とはその名の通り、警察官が犯人を逮捕するための技を習うことです。基本的に逮捕術は日本拳法がベースになります。


逮捕術の特徴は相手を殺傷することを目的としないことです。主な目的は制圧や拘束になります。実際に逮捕術は競技化されているので、学べるジムも日本にはあるでしょう。戦闘系の種類には護身術もあります。護身術の主な目的は自分の身を守るための術を学ぶことです。護身術を学ぶことで危険な目に遭わない選択や、万が一危険な目に遭遇した時にその危険から逃れる知識を取得できます。





格闘技を学ぶ魅力について知る




このように日本では格闘技の種類は豊富にありますが、大人から子供まで誰でも、習うことで様々な魅力を得ることができます。


例えば習うことで体力アップを期待できます。子供の中には積極的に外に出て遊ぶ子も多いですが、ゲーム機やタブレット、パソコンなどの普及により身体を動かす機会は昔よりも少なくなっています。


また、大人に関してもデスクワークのお仕事が増えていて、机の前での作業が多くなりがちで運動不足から体力低下が懸念されます。ジムに通って習うことで体力アップを期待できるので、体力を増やすことで以前よりも長く走ることができたり階段の昇り降りで息遣いが荒くなったりすることが少なくなっています。


また、身体を動かすことでストレス発散にもつながるので、ストレスを溜め込むことを少なくして暮らせる可能性があります。


さらに、格闘技をすることで筋力アップの期待も高まります。格闘技の種類によっても異なりますが、力を入れて取り組む必要がある場合が多いです。例えばキックをしたりパンチをすれば脚や腕の筋肉を使うことになります。そのため、脂肪を筋肉に変えることができます。


その他にも、格闘技を学ぶことで術を知ることが可能です。例えば護身術であれば自分の身を守る術を把握でき、キックボクシングであれば蹴り方やパンチの仕方を知ることができます。術を学ぶことで自分の身を守れるようになるので、危険な目に遭わないために女性の中には学んでいる人も多いです。





格闘技を学ぶためにジムに通おう




格闘技を学ぶためにジムに通うことを検討している人も多いです。一般的に自分自身で全て調べて自宅で取り組む人は少なく、ジムに通って専門家の意見を聞きながら知識や技術を習得していくことになります。


まず、ジムに通うことを検討している人は種類を選択しましょう。基本的にジムではあらゆる種類を扱うところは少ないです。例えば護身術だけを扱うところやボクシングのみしか取り扱っていないところも多いので、自分が習いたいものを選択してからジムを探すことになります。習う種類を決めることができたら、次にジムを探します。それぞれのジムで導入されている設備などが異なるので、体験レッスンを受ける人も多くいます。


また、選ぶ時は自分の通いやすいところを選択します。そのようなジムを選ぶことで取り組み続けやすい環境を構築することができます。