子どもに護身術を学ばせる利点

子どもに護身術を学ばせる利点

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 子どもに護身術を学ばせる利点

子どもに護身術を学ばせる利点



子供に護身術を学ばせる利点



子どもに護身術を学ばせたい親御さんもいるのではないでしょうか。現在では多くの子が習い事をしています。例えば代表的な習い事としては、ピアノや野球、水泳などが挙げられます。友達と同じ習い事をしたりしている子も多くいます。習い事をしている子供の中には護身術を学ぶ子もいて、実際に専用のジムに通って身体を鍛えている子もいます。護身術を習うということは、犯罪などから身を守るための格闘技を学べるということにもなります。そのため、利点として挙げられるのが、技術を習得すればそのスキルを活かして自分の身を守ることができるということです。

子どもでも身を守らなければならないシーンは少なくありません。例えば学校から下校する時、途中の通学路から一人で帰宅をしなければならない子もいるでしょう。実際に子どもを狙った犯罪は日本で起こることも多々あります。例えば知らない人に声を掛けられることもあります。当然、一人で帰宅をしているので守ってもらいたくても自己対処が必要ですが、もし自分を守るための護身術を学んでいれば逃げることができる可能性が高くなります。

身を守ることだけでなく、体力をつけることもできます。身近に子どもがいるような生活をしていない人からすると、放課後に友達とドッジボールなどをして身体を動かしている子がほとんどだろうから、わざわざスタミナをつけるために習わせなくても良いのではないか、と思うかもしれませんが、昔に比べて今の小学生や中学生は外で運動をする機会が少なくなっています。学校から家に帰ったらゲームで友達とオンラインで対戦をしたり、パソコンで遊んでいる子も多くなっています。そのため、大人の中には子供の体力低下を懸念している人は少なくありません。

もし護身術を習わせるということになれば、激しい運動をすることになりますから、体力アップを期待することができます。身体を動かすことでストレスも少なくできるので、汗を流してストレスを解消するという目的で通わせている親御さんも存在します。

メンタルの改善も行うことができます。護身術を学ぶことで自分に自信をつけることができます。例えば、スキルを学ぶことで強い自分を手に入れることができます。強くなれば自信を持って何事にも取り組むことができることにもつながります。その他にも痩せることができるメリットなど複数の利点があるので、この機会にお子様に習わせることを検討してみてはいかがでしょうか。





様々なクラスを準備してくれるので初心者でも学びやすい



上記では子どもが習うことで数多くの利点を得ることができますが、子どもには少しハードルが高い習い事であると思う親御さんもいるのではないでしょうか。護身術と言っても格闘技のようにパンチやキックをすることになります。空手を習っている子が並行して学ぶケースでは格闘技を既に習っていることになりますので、習得しやすいかもしれませんが、今まであまり運動をしたことがない小学生にとっては、周囲のレッスン生と技術の差が生じる可能性があります。そういったことに不安を抱く親御さん、お子様は少なくないでしょう。

護身術を専門に教えるジムの中には、幅広いクラスを準備して子どもでも習いやすいように配慮してくれるところもあります。例えば初心者コースを設けているところがありますが、そのコースでは基礎的なストレートパンチの正しい動きを教えたり、初心者でも打ちやすいとされているハンマーパンチを教えてくれるところもあります。また、攻撃面ではなく、腕を引っ張られた時にどのように離脱をするのかを教えてくれたり、両手を?まれた時の対処方法なども教えてくれます。

このように基礎的な内容を初心者コースで集中的に教えてくれるのであれば、子どもでもレッスンを受けやすくなります。当然ではありますが、徐々にスキルなどが身に付いてきた子はハードルを上げて、難しいスキルを習得したりすることも可能です。一回のレッスン時間も専用ジムによって異なりますが、体力にあまり自信がない人でも最後までやり遂げることができるよう設定されていることがほとんどですので、安心して通うことができます。





専用ジムの選び方のコツを知ろう



護身術の専用ジムはたくさんあるわけではありませんが、選ぶ時にはポイントがあるので参考にするとよいでしょう。

ポイントの一つとして挙げられるのが、どのようなインストラクターが所属するのかということです。護身術を習いたいと思う人の中には経験や知識が豊富にある人から教わりたいと思う人も多くいるでしょう。その場合は特にインストラクターの今までの経歴などを確認して、教わりたいという人がいるか確認してから選択するのも一つの方法です。

その他のコツとしては料金です。月額でサービスを提供する専用ジムが多いですが、各専用ジムで価格を比較します。基本的に安いところを選択する人も多いですが、サービスの内容も価格と同時に検討することが大切です。長期間通うことになるかもしれないので、通う場所についても考慮して、続けられやすい環境を作りましょう。