女性は格闘技を始めよう

女性は格闘技を始めよう

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 女性は格闘技を始めよう

女性は格闘技を始めよう



女性が格闘技を始める魅力を知ろう



格闘技と聞くと男性に限られたスポーツというイメージを持つ方もいますが、実際に女性が活躍できる種類の武術もあるので、性別に関係なく習いたいという人は多いです。お子様の中にはプロの選手を目指す目的で習う人も少なくありません。例えば柔道などにおいては日本に限らず世界的に有名なスポーツとなっており、日本人でもオリンピックに参加したり金メダルを取っている選手は少なくありません。一方で大人の女性が習い始めるケースではプロを目指すというよりは、趣味や健康効果を期待するために取り入れる人が多いです。

現在では格闘技を始める人は少なくありません。もし始めれば様々な魅力を得ることができます。魅力の一つとして挙げられるのが、護身術を学ぶことができる点です。護身術を覚えることで何かトラブルが発生して自分の身に危険が及んだ時にその危険からできるだけ回避して怪我などのダメージを最小限にすることができます。日本の治安は海外に比べて比較的良好なため、トラブルが発生する機会は少ないですが、ニュースなどでは引ったくりなどで鞄を盗られる被害などが発生している地域もあるので、護身術を学べばそのような時に自分が怪我をしないように最小限にダメージに抑えられる可能性があります。また、実際に海外に訪れる方も少なくないでしょう。海外の中には治安が好ましくない地域も複数ありますが、そのような時に護身術を活用できます。

その他の魅力としては、護身術を覚えることで自分に自信を持つことができることです。自信を持つことができることで今までの自分から変わることができる人もいます。格闘技はとても体力を必要とするスポーツになります。そのため、実際に習うことで運動不足を解消することができる可能性があります。女性の中には運動不足を解消したいと考えている人もいるのではないでしょうか。運動不足になることで身体の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。実際に女性の中には事務などデスクワークをしている人が多いです。デスクワークは椅子に座った状態で仕事をするケースが多く、意識して運動をしないと運動不足に陥ってしまうケースは珍しくありません。もし護身術などの格闘技を始めることで汗を流して運動ができるので、運動不足の解消を期待することができます。運動不足だけでなく、同時にダイエット効果なども期待することができるので、女性が始めることでも多くの魅力を得ることができるでしょう。





女性が始めやすい格闘技について



女性の中で上記のような魅力を得るために格闘技を始めたいと思われる人の中には種類がたくさんあるので、どのような武術が始めやすいのか知りたいと感じている人もいるのではないでしょうか。女性が始められそうな格闘技にはボクシングや柔道、護身術を学ぶことができるクラヴマガなどを挙げることができます。まず女性が格闘技を選ぶ時のポイントはシンプルであるかどうかです。男性に比べて学生時代からあまり運動をしてこなかった人は少なくないでしょう。確かに女子バスケやバレーなどの運動系の部活が存在します。しかしながら、茶道など運動系でない部活も多く、そういった文化系の部活などにずっと所属していて運動経験が足りないと感じている方も多いでしょう。

もし今までの運動経験が少ない人が突然ハードで覚えにくい武術を選択するとモチベーションを維持して練習をすることができない人も珍しくありません。そのため、できるだけシンプルなクラヴマガなどを選択する人が多いです。この格闘技は、他に比べて覚えやすい武術が多いので運動経験が少ない人でも覚えやすいというメリットがあります。更に覚えやすいことで何度もレッスンを受けることで忘れにくくなるので、何かトラブルが発生した時も思い出して怪我などから回避する目的で活用することができます。また、ジムによっては不利な状態からのトレーニングを実施してくれるので、男性よりも力が少ない女性でも始められやすい格闘技の一つです。この機会にジムに通い身体を鍛えたり護身術を覚えたりしてみてはいかがでしょうか。





格闘技を学ぶためのジムの選び方のコツ



格闘技を学ぶためにジムに通うことを検討している人もいるでしょう。ジムを選ぶ際にはどのようなクラスが提供されているのかを確認します。例えば今まで学んだことが一度もない方は基礎から始められるクラスを提供するジムに通いたいと思う人もいるでしょう。また、今までボクシングなど他の格闘技をしたことがあり、初心者クラスでは物足りないと感じる方は中級者コースや上級者コースがあるジムを選択することで自分に合ったクラスに入ることができるジムを見つけることができるのではないでしょうか。

選ぶ際にはどのような講師の人が教えてくれるのかを確認します。また、もし通うことに不安がある人は幅広いサポートを受けることができるジムを選択しましょう。ジムの中にはクラス終了後のアフターフォローを提供してくれるところもあるので、そのようなジムを選択すれば安心して通うことができる可能性が高まります。