女性が護身術を身に着けるべき理由とメリット

女性が護身術を身に着けるべき理由とメリット

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 女性が護身術を身に着けるべき理由とメリット

女性が護身術を身に着けるべき理由とメリット


女性と護身術の関わりが深い日本



日本では古くから薙刀や合気道などの伝統武術を女性が護身のために学ぶ習慣があります。中でも鎌倉時代に生まれた薙刀は江戸時代に女薙刀として独自の発展を遂げ、現在も多くの女性がたしなむ武道として有名です。動く禅と称される合気道は、体格や体力に関係なく相手を制することができる実践的護身術として、男女を問わず世界中で人気があります。1970年代に欧米で生まれた女性護身術も、空手や柔道の技などを基本としており、世界的に見ても日本は関わりが深い国だと言えるでしょう。

従来、テクニカルな面を中心に語られることの多かった護身術ですが、最近では心理的な側面が重視されるようになってきています。危機的状況の下で自分の身を守るためには、身体的能力だけでなく強靭な精神と闘志が欠かせないためです。

そもそも護身術は性別や年齢、体格に関わらずどんな人でも身に着けることのできるものです。女性はもちろん子どもや高齢者など、一般的に弱者と呼ばれる人々が習得できないのであれば、それは護身術の名に値しないと言えます。体格や力で男性に勝つことが難しい女性が護身術を身につけることは、今まさにそこにある危機を乗り切るために大いに有効ですが、最近ではそれにとどまらないメリットで話題になっています。今なぜ女性の護身術が注目を集めているのか、その背景について紹介をします。






女性が護身術を身につけるべき現代的理由



危機的な状況の下で自らの身を守るための護身術は、元々女性に必要な技能として、特に日本では古くから親しまれていました。中には薙刀のように、女性の武道として確立したものもあります。これまでの護身術は主に見知らぬ人からの被害を避けるためのものだったと言ってよいでしょう。

しかし実際には、女性の受ける暴力は多くの場合、夫や恋人、友人、知人など、親しい人や知っている人によるものです。このことには、社会的や歴史的に女性が置かれてきた状況が深く関わっています。男性の中には未だに女性を自分より下に見たり、自分の思い通りにできる存在だと考える人もいるのが現実です。時には自身のストレスから、薬物、アルコールなどの影響で暴力を振るうケースもあります。ドメスティックバイオレンスは今や重大な社会問題となっていますが、身近な人からの暴力に対処する方法として、護身術が注目を集めているのです。

現代でもなお、女性は弱いもの、守るべきものというイメージがあり、期待される女性像に縛られるあまり、自己主張したり強くあることに抵抗を感じる女性は少なくありません。しかし、女性らしさは「弱い」ことではないのです。むしろ「負けない自分」を持つことで、強くしなやかな本当の女らしさを身につけることができると言えます。親しい人からの暴力には見知らぬ人からの暴力とは違った問題があり、通報をためらう場合が多いとも言われます。辛さや苦しみにひたすら耐えるのではなく、自尊心を持ち、今のありのままの自分を肯定することができれば、適切な自己主張を伴ったコミュニケーションが可能になります。お互いを尊重する適切な人間関係を築くことは、親しい人からの暴力を予防するためにも大きな助けとなるでしょう。






護身術がこれまでの自分を変えるきっかけに



女性が護身術を身につけることのメリットは、暴力から身を守ることばかりではありません。護身術では、肉体の強靭さだけでなく心の強さが非常に重視されます。多くの場合、体格的に勝る相手に立ち向かうことになる女性の護身術では、特にこの点は重要です。危機的状況下で自分の持つ能力を最大限に発揮するためには、テクニックだけでなく、強靭な精神と戦略が求められるのです。もちろん、普段からトレーニングを行い、スキルを高めることも大切です。

護身術のトレーニングを通じて、自分の本来持つ能力を引き出すことは、大きな自信につながります。女性で自分の能力を低く見ていることもあるでしょう。自己肯定感の低さは精神的不安定につながり、周囲との人間関係がうまくいかなかったり、深刻な場合には心と体の健康を害してしまうことも少なくありません。優秀な指導者に出会うことができれば、自分でも気づかなかった能力や適性が引き出され、自尊感情と自己肯定感はさらに高まることでしょう。それにより、普段の生活でも自信を持ってふるまうことができるようになり、人間関係が改善されたというケースも多いようです。

近年、自尊心を正しく持つことは、あらゆる場面で重視されるようになっています。他人との勝ち負けではなく、ありのままの自分を尊いと感じて受け入れ、肯定できることは、社会生活をスムーズに行うために特に重要です。ストレスフルな現代社会の中で、相手に勝つためではなく自分自身が本来持つ強さを信じ、引き出すことで困難を乗り切ろうとする護身術が注目を集めているのは、ある意味当然のことと言えるでしょう。