女性が護身術を身につけておくべき理由について

女性が護身術を身につけておくべき理由について

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > 女性が護身術を身につけておくべき理由について

女性が護身術を身につけておくべき理由について

女性は護身術が必要



護身術という自分の身を守るための技術があります。これは特に女性が身につけておくべきであると言えるでしょう。世の中にはさまざまな危険が存在しているからです。突然暴力を受けるケースというのは少なくありません。そのような被害が話題になることは多いでしょう。性的な暴力を受けてしまい苦しんでいる方もいるのです。女性というのはどうしても男性よりも力が劣っているためそのような被害を受けやすいのです。自分の身を守るための方法として護身術を習うということは流行っています。

暗い夜道を一人で歩いていれば突然誰かから襲われる可能性は高いでしょう。そのようなときに身を守るための方法を知っていれば安全に逃げられる可能性は高くなります。もちろん、そのような状況に陥らないように普段から注意しておくことは大切なのですが、どれだけ用心したとしても万が一のことはあるのです。そういうケースで護身術を女性が身につけていたならば、上手く自分の身を守ってその場を逃げ出すことができるでしょう。特に若い方が襲われてしまうケースは少なくないため習っておいて損はありません。

屋外だけではなくて屋内でも襲われることは0ではないです。そのようなときにも身を守るための技術というのは役立つでしょう。あくまでも安全な状況まで逃げるための技術となっています。相手と戦って相手を倒すための技術ではありません。そのため、女性でも無理なく身につけられる技術となっているのです。そのような技術を身につけておくと安心感が生まれるでしょう。精神的に強くなることができます。そのような意味でもおすすめです。日常のちょっとしたときにも役立てることができます。いざというときにとても役に立ち、習っておいて良かったと思えるでしょう。






護身術とは具体的にどのようなものか



それでは実際に護身術ではどのようなことを教えてもらえるのでしょうか。たとえばパンチのやり方を教えてもらえます。正しいパンチの仕方から初心者でも簡単に打てるパンチを習えるのです。また、キックの練習を受けることもできます。このような打撃の基礎を教わることによって、万が一の際に活用できるかもしれません。もちろん護身術の基本は逃げることであり、打撃にばかりこだわるべきではないのですが、それでも知っておいて損はないでしょう。

護身の方法としてはたとえば腕を引っ張られたときの離脱方法を教えてもらえます。男性から無理やり腕を引っ張られるケースは少なくありません。そんな時に上手く離脱できる方法を襲われるのです。両手で掴まれてしまうケースもありますが、そんな時に離脱する方法も教えてもらえます。チョークされた時に離脱する方法も習えるのです。女性でもできるように腕力に頼らずに離脱する方法を教われます。誰でも簡単に身につけられるテクニックとなっています。実際に活用することができるでしょう。

基礎的なことだけではなくて応用的なことも学べます。たとえば相手がナイフを持っているケースもあるでしょう。その時には自分で自分の身を守らなければいけません。そんな状況で役に立つ護身を教わることができます。あらゆる状況を想定した護身トレーニングを受けられるのです。どんなに怖い相手に立ち向かわれたとしてもしっかりと護身できるような技術を身につけられます。さまざまな状況を想定したトレーニングを行うことができるのです。このようなトレーニングを経て危機的な状況で自分を守れるようになるでしょう。





護身術についての注意点



女性が護身術を守ることによって確かに身を守れる可能性は高くなるでしょう。しかし、護身術のテクニックだけを過信するべきではありません。そもそも危険な状況を避けるようにすれば、護身をする必要もなくなるのです。たとえば防犯ブザーを持つようにすれば、いざというときにそれを使うことによって身を守れるでしょう。オートロックのある家に住んでいたとしてもそれを過信しないことも大切です。できるだけ人の多い通りを歩くようにしたり、男性と二人きりにならないようにすることも重要でしょう。夜に一人だけで出歩かないようにすることも大切です。

また、とにかく逃げることを最優先するべきです。護身のためのテクニックというのは逃げるタイミングを見計らうためのものでもあるのです。逃げられるならば大声を出して助けを呼びながら逃げるのが一番良い方法でしょう。非力な方にとっては逃げることが大切なことです。

少しでも自分が危ない状況にいると思ったら、安全な場所まで逃げて助けを求めるようにしましょう。たとえばストーカーから尾行されるケースがあります。少しでも怪しい人が自分を尾行していると感じたならば躊躇するべきではないのです。仮に勘違いだったとしても、自分の身を危険に晒さなくて良かったと考えるべきでしょう。

暴漢に襲われそうになった時には相手を倒そうとするのではなくて、できるだけ逃げるようにしましょう。どうしても逃げられない場合には相手に反撃をして隙を見つけて逃げるようにするべきです。以上のことは女性が知っておくべきことであり、護身のための注意点となります。