ジムで学ぶ護身術と受け身について

ジムで学ぶ護身術と受け身について

護身術クラヴマガの専門ジムTOP > コラム > ジムで学ぶ護身術と受け身について

ジムで学ぶ護身術と受け身について

格闘技と護身術の違いがよくわからない方へ



自分の身を自分で守ろうと思っている方の中には、ジムに通って護身術を学ぼうと思っている方も多いのではないでしょうか。中には格闘技と何が違うのかと疑問を持っている方も多いでしょう。今回は、格闘技とは何が違うのかについて具体的に紹介します。

格闘技と護身術は、技術的な面で見ると共通している部分が多くありますが、想定している場面や目的というのは全く異なります。例えば、格闘技は、決められたルールの中で勝敗を決める競技です。引き分けることもありますが、基本的に両者とも勝つために戦います。一方で護身術は、相手に勝つことを目的としたものではありません。例えば路上を歩いている時に襲われた場合など、自分の身を守ることを目的としており、ケガをしないことが護身術では大切なことです。

また、競技である格闘技は、合図が鳴り、同じ条件で競技がスタートします。格闘技以外の競技でも、基本的には平等な状態で戦うことがほとんどです。しかし、護身術の場合は、背後から突然襲われることもあれば、暗闇の場合もあります。そして、相手が必ずしも同性とは限らず、女性が男性に襲われることも多くあります。ほとんどのケースで不利な条件となり、その中で身を守らなければなりません。こういったことも格闘技とは違う部分となります。

格闘技などの場合はルールなどがありますが、不意に襲われるケースではルールなど関係なく、相手がナイフを持っている可能性もありますし、自分よりもとても大きな相手だという可能性も考えられます。また、相手は1人だけとは限らず、複数人が一斉に襲ってくる可能性もあります。こういった最悪な事態を想定しなければならないというのも、格闘技とは異なる部分となります。

違いについて紹介しましたが、護身術は不利な状況が多いため、相手に勝つということはそもそも難しいでしょう。そのため、勝利ではなく、突然の危険からどのようにして自分の身を守るか、そしてどう逃げるかなどを考えることが目的となっています。





女性だからこそ護身術を学ぼう



護身術は、男性が習うことも多く、自分の身を守ろうとトレーニングをしています。しかし、最近では女性も習う方が増えています。実際に男性よりもどちらかというと女性が習った方が効果的だと言われていますが、その理由は何が挙げられるのでしょうか。

まず、女性が習うべき理由としては、基本的に男性に比べて体格が小さいからです。日頃からトレーニングをしている女性の中には男性よりも体格が大きな人もいますが、何もトレーニングをしていない場合に男性と女性を比べると、男性の方が体格が大きいケースがほとんどです。体格差がある場合、基本的に何も知識がなければ抵抗することすらできないことがほとんどです。特に突然背後から襲われてしまった場合は抵抗ができません。しかし、ジムでトレーニングをすることで、万が一の状況が訪れたとしても逃げられるだけの術を身につけることができるので、体格差があっても抵抗ができるようになります。抵抗するためにも、女性は最低限の術を身につけておいた方がいいでしょう。

そして、どこの国も安全ではないため、ある程度のトレーニングは必要です。特に海外へ旅行をした場合などを考えてみましょう。ニュースなどを見ても実際に日本人が狙われたり、襲われたりするケースがあります。日本は治安がいい国なので、つい警戒せず海外に行く人が多いですが、それはとても危険です。特に女性は男性よりも狙われるケースが多いので、身を守るためにも護身術を学んだ方がいいでしょう。しっかりと自分の身を守るためにも、興味がある方はジムで学ぶことを検討してみてはいかがでしょうか。ジムに通っていない方も、最低限夜道は一人で歩かないなど、危険を避けて行動するように心掛けましょう。





受け身はいざという時に便利!



護身術というと、自分の身を守るために相手を倒したりすることを考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、不意に襲われる場面が多いので、基本的に倒されるのは自分と考えた方がいいでしょう。もちろん、倒されないようにすることも大切ですが、万が一倒されてもすぐに逃げられるように、ケガをしないようにするためには受け身を覚えることが大切です。

なぜ、受け身が大切かというと、不意を突かれて背中から倒れてしまった場合、すぐに立ち上がることができず、うずくまるしかないので抵抗できません。しかし、しっかりと受け身を取ることができれば、背中を打つこともありませんし、反動ですぐに起き上がることも可能です。

受け身の方法は様々ですが、基本的に護身術が学べるジムに行くことで受け身も一から教えてくれます。また、受け身は護身術以外にも、腹筋なども鍛えられますし、ウエストを引き締める効果もあるので、ダイエットがてら気軽に挑戦してみたい人はジムに足を運んでみるのをおすすめします。