スタッフブログ「ベルトテストを受ける前に知っておいてほしい事」

スタッフブログ

ベルトテストを受ける前に知っておいてほしい事

Staff Blog護身術 2021.7.24

4CE8BA0F-FA0D-49A9-8027-90F385E40F86

6月より再開したベルトテスト。7月11日にはグリーンベルトテストが開催されました!

今回のスタッフブログでは、この日グリーンベルトのテスト監督を務めたクラヴマガアライアンスブラックベルト保有の徳山 洋インストラクターにテストを受けるうえで“必ず知っておいてほしい心構え”についてお聞きしました!

 

ベルトテスト再開以降、どのテストもすぐに定員に達しています。

その事からもわかる様にテストを目標にトレーニングされている方もたくさんいらっしゃいます。

ベルトテストを目指してトレーニングされている方は勿論、クラヴマガをやるうえで欠かせない心構え!是非最後までご覧ください。

 

3D8645DF-372D-4F6F-82D2-B9C6F1AFB187

「こんにちは、マガジム赤坂店チーフインストラクター徳山 洋です。

6月からベルトテストが再開した事でこの一年間と比べるとマガジム全体に熱が増した気がしていて、僕もとても嬉しく思っています。

そのうえで、僕がクラヴマガを始めてからずっと大切にしてきたマインドであり、クラヴマガトレーニングを行っている皆さんには絶対に意識してほしい事、それこそがイコール“ベルトテストに必要な心構え”であると改めて感じています。

今回は、その“心構え”についてお話したいと思います。

 

クラヴマガのベルトテストは一番短いイエローベルトテストでも、2時間を超えます。

長時間のテストとなるとやはり体力、そして精神力がとても重要になってきます。

体力においても、精神力においてもやはり付け焼刃では対応しきれません。

 

学生時代のテストであっても、日ごろからやっていないと良い成果出ませんよね。

しかし、テストであれば一夜漬けの付け焼刃で付けた知識がたまたまテストの範囲に当たり、良い点を取れる可能性もあるかもしれません。

クラヴマガは付け焼刃では通用しません。

普段のトレーニングの質がそのままダイレクトに表れると言っても良いでしょう。

 

いえ、むしろトレーニングで10を出していたとしても、テスト時やいざという時には、8~9の力しか出せないかもしれません。

トレーニングを6の力でやっている人は、2~3程度の力しか出せないでしょう。

 

なので普段のトレーニングから常に100~120%の力を出す必要があるのです。

image_magagym07

先にも言いましたが、テストは長丁場です。

6月からテストを再開して、既に何度か各テストの様子を見ていますが、

全体的に最もきつくなる中盤~終盤に気持ちも出せていて、素晴らしい内容だったと思います。

しかし、大事なのは“きつくなってから”ではありません。

最初から最後まで100%を出す事がクラヴマガで最も大切な事です。

 

スタートから徐々に上げていって、終盤にピークを迎える…その様な緩やかなカーブは、まだ本当のクラヴマガとは言えません。

 

テストだけでなく、普段のトレーニング時から今一度そのことを理解してみてください。

そうすれば自ずとベルトテスト合格は見えてくると思います。

 

クラヴマガの考えでは、自分の身を自分で守ることは当然です。

誰かに発破をかけられて、そこから全力を出すのではなく、自分自身でいつでもスイッチを入れるマインドを持つ事が大切です。

 

今日のトレーニングは全力を出せましたか?

クラヴマガのマインドを持つためにも、日々のトレーニングの質を上げていってください!

 

特にこの一年、オンラインクラスが始まった事もありテクニックのレベルは皆さん確実に上がっています。

だからこそ、今一度クラヴマガのマインドを思いだしてください。

 

いつでも0から100への切り替えが出来る体力、そして精神力を鍛えていきましょう。

 

ベルトテストの先にある新たな世界へ、共に進んでいきましょう!」

 

マガジム赤坂店チーフインストラクター徳山 洋

 

 

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733