スタッフブログ「奈良 恒也インストラクターが伝えたい“種”とは」

スタッフブログ

奈良 恒也インストラクターが伝えたい“種”とは

Staff Blogイベント 2020.1.15

2019年末パーティー_191216_0106

2019年マガジム年末パーティで発表され、既にご存知の方も多いと思いますが2020年3月でマガジムを退職し、自身で武術指導者として活動していく事が決まった奈良 恒也インストラクター

 

ナイトクラブでのセキュリティ時代にクラヴマガ“護身術”の必然性に気付き、クラヴマガを始めてクラヴマガ歴は10年。

 

クラヴマガに出会うまで、そして出会ってからの10年、、、奈良インストラクターにとってのクラヴマガとは?そして奈良インストラクターのこれからについて、お話をお聞きしました。

 

 

 

 

 

自身の経験から、実際に自分がやった事ややられた事を元にリアルな“護身術”を伝える事をモットーに指導し、マガジムでも人気インストラクターの一人だった奈良インストラクターですが、マガジムでの指導は残すところあと3ヶ月弱。

3月末までの残りのクラスに参加してもらう事は勿論ですが、その前に是非奈良インストラクターの考える“護身論”、“クラヴマガ論”、そして“マガジム”が始まってからの7年を語ったインタビュー、ご覧ください。

 

 

70687783_2400300120017925_6415004655574581248_n

「こんにちは、インストラクターの奈良 恒也です。

ご存知の方も多いと思いますが僕は今年3月をもちましてマガジムを卒業する事になりました。

 

今後は、僕自身が代表を務める武術の指導にあたり、これからも僕の考える強さを追求していきます。

 

2009年 クラヴマガとの出会い

僕は、ナイトクラブのセキュリティとして働いていた時にトラブルを起こした相手に“怪我をさせないため”の技術を習得したい、と思った事がクラヴマガに興味を持ったことがきっかけです。

クラヴマガを知ったきっかけは、当時のテレビ番組か何かだったと思います。

 

クラブでのセキュリティはやはりトラブルも多く、喧嘩の仲裁に入る等、身体を張るシチュエーションも多かったです。逆上し武器を持った相手に襲われた事もあります。そのため僕の場合はクラヴマガの技術を直接的に使う場面が多く、クラヴマガの技術や考え方の素晴らしさは、クラヴマガを始めてすぐに感じていました。

 

クラヴマガのトレーニングは、対人練習が多いので、相手に力を合わせたり、練習ではあくまで互いに怪我をしないよう、させないように、という動きや考え方がベースとなるので、

僕がクラヴマガを始めた理由であった“相手に怪我をさせないため”の技術や動きをしっかりと学ぶ事が出来ました。

 

2011年 クラヴマガインストラクターに

クラヴマガのトレーニングを行いながら、夜はクラブでのセキュリティを行うという生活を続けていくうちに、もっとクラヴマガの技術や知識、考え方を深めたいと思いクラヴマガインストラクターを目指す事を決めました。

 

トレーニングを行い、実際にクラヴマガの技術使って危険を回避し、更にはクラヴマガインストラクターとして指導をする事で、僕の中ではかなり深くクラヴマガと向き合う事の出来た10年だったと思っています。

 

2013年 マガジムオープン

そして2013年にマガジムがオープンし、マガジムオープニングメンバーとしてマガジムでクラヴマガ指導を始める事になりました。

マガジムでの7年を振り返って、会員の皆さん本当に強くなったなあ、、、と感じています。

それと同時に皆さん本当にクラヴマガを、マガジムでのトレーニングを楽しまれていると常に感じていました。

 

僕の考えもそうなんですが、強くなる為の一番の近道は“真剣”かつ“楽しみながら継続する事”です。

マガジムは全インストラクターがそれぞれのバックボーンを生かしながら指導にあたっているので、それぞれのクラスに“色”があるからこそ、誰でも楽しみながらトレーニングができると思います。

 

そしてクラヴマガの良さは技術がどれもわかりやすい事が特徴だと思います。

何より“生き残る事を第一優先”とした考え方が僕は好きです。

 

 

71204028_1284663491657606_5285222643757219840_n

クラヴマガの考え方や理論は日常生活においても生きています。

 

クラヴマガの護身で言えば、

①危険の解除

②武器のコントロール

③反撃

エスケープ

というふ風に第一優先にする目的と、そこに至るまでの過程がハッキリしていますよね。

例えば、日常生活でトラブルが起きた時にまず一番に優先する事をハッキリさせて、そこにたどり着くまでのポイントをしっかりと意識してクリアする様にしていけば、焦ったり戸惑う事になりました。

冷静に物事を判断し、客観視できる様になったのはクラヴマガの技術や理論がそのまま活きていると思っています。

 

2020年 会員の皆さん、本当にありがとうございました!

そして何よりたくさんの会員さんとの出会いは何よりの思い出になりました。

 

マガジムでなければ出会う事もなかった人たちとも出会えましたし、僕よりも年上の方たちも本当に温かく接してくれて、指導している側なのに会員の皆さんからはたくさんの大事な事を勉強させてもらいました。

本当に7年間、ありがとうございました。

 

マガジムでの残り3ヶ月弱の間で僕が会員さんに伝えていきたい事は、インストラクターとしてだけでなく僕の本質的な部分で考える護身…《自分を護るために本当に必要な事》を伝えていければと思っています。

 

大袈裟ではなく僕はマガジムで出会った全ての人にこれからもずっと幸せに過ごしてほしいと思っています。

 

それは勿論、危険な事件などに巻き込まれて欲しくない…もし巻き込まれたとしても、安全に逃げ、助かってほしい。それはまさしくクラヴマガの考え方であり、その考えを実践出来る様に皆さんなってほしいと思っています。

だからこそ、実際に僕が体験してきた経験から考えるよりリアルなクラヴマガ“護身術”を伝えていきたいと思っています。クラヴマガの技術や理論にプラスして意識してほしい事、意識する事で1%でも生存確率を上げるために必要な事を伝えていきたいと思っています。

 

S__74211337

卒業までに特別ワークショップを開催します。

そして1、2、3月で僕の考えるよりリアルな護身術を伝えるべくワークショップを開催させて頂く事になりました。

1月24日(金)11:00〜14:00

2月16日(日)15:00〜17:00

2月22日(土)15:00〜17:00

3月28日(土)15:00〜17:00

3月29日(日)15:00〜17:00

このワークショップでは、これから僕がクラスを通して皆様に伝えていきたい事をクラヴマガではなく、僕の“生き方”そのものでもある“武術”の目線で伝えていきたいと思っています。

 

マガジムの会員さんからすれば“武術”と言われてもあまりピンとこないかもしれませんが、

僕の考える“武術”は、皆それぞれが持っている種を見つけてもらう事、そしてその種を開花させるための“道”だと思っています。

 

これまで何をやっても上手くいかなかった…上達を感じられなかった…そんな人は少なからずいると思います。

そういう人達に対して僕が思うのは“自分の道”…それ以前に“自分の種”を見つけられてないんだと思います。

 

 

例えば僕がこれから突然歌手を目指したところで芽は出ないと思いますが、それと同じで皆それぞれ“自分だけの種”を持っているんですよね。

その“種”を見つけて開花につなげていく事。それこそが、自分の人生を楽しむために最も重要な事なのでははないでしょうか。

 

まだ自分の“種”が何なのか?どこにあるのか?見つけられてない人もたくさんいると思います。

こんな風になりたい!と言うビジョンを持ってはいるけど、どうしたらいいかわからない…そんな人も多いと思います。

そんな人は是非、1月に開催しますワークショップ【戦い、健康、護身に繋がる気持ちと身体の作り方】に参加してください。

 

“健康”

“護身”

“戦い”

そのどれか一つでも意識している人に武術的なアプローチで、より自分に合った最短で成長するためのヒントをお伝えできればと思っています。

一人一人に合った、その人だけのアプローチがありますので、まだ見ぬ可能性…気づかなければ種は種のまま終わってしまいます。自分だけの“種”を見つける事、そして自分だけの花を咲かしていける様しっかりと後押ししていければと思っています。

 

 

 

10年間やって芽が出なかった人でも、10年と1日でいきなり開花する人もいます。

その答えは自分の中にあります。

その答えを模索して努力している人も多いと思うんですよね。

その答えこそが自分だけの種をしっかりと捉える。

そうすればこれまでの努力は無駄にならず、必ず芽を出します。

 

 

3月のワークショップは、1、2月のワークショップに参加した方のみが参加可能となります。

 

ワークショップは勿論ですが、残り3ヶ月弱、僕の伝えられる出来る限りの事を皆さんに伝えていきたいと思っています。

3月末までの残りの期間皆さんと一緒に楽しく、そして真剣にトレーニングを行っていきたいと思っています。

 

最後までよろしくお願いします。

 

 

インストラクター奈良 恒也

 

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733