スタッフブログ「「バーの中で危険に遭遇したら」シチュエーショントレーニング開催報告」

スタッフブログ

「バーの中で危険に遭遇したら」シチュエーショントレーニング開催報告

Staff Blogイベント 2019.8.5

2019年8月4日(日)、マガジムは西尾 健インストラクター監修のもと「バーの中で危険に遭遇した」場合を想定したワークショップを開催致しました。

 

開催場所として六本木のバー「A bleu dine & bar」様をお借りして、店内で絡まれた場合やそれ以上に危険な状況にエスカレートしたことを想定しての護身トレーニングを行いました。

 

 

S__102719547

S__102719550

(20程度のテーブル席とバーカウンターのA bleu dine & bar様のご厚意があって実現しました!)

 

衣服もシューズも日常生活で主に使われているものを着用のうえでのトレーニング。ジム内よりも動きに多くの制約が生まれることは、皆さんご想像頂けると思います。

 

S__102719546

(夏のど真ん中ですので軽装ですが、皆さん普段着でトレーニング頂きました。)

 

まずは店内でのタッチングゲームや打撃のトレーニング。立っている状態ではなく、座ったところからも行いました。

 

周囲には障害物がすぐにあり、動き回ることができない環境だと、できることが限られてくることがいきなり実感します。

 

 

「意外とハンマーパンチやエルボー、頭突きといったショートレンジの打撃しかできないことがわかった」

といったご感想が印象的。

 

S__102719592

 

その後は早速、店内での危険に遭遇した場合のシナリオトレーニングを実施。

 

●パッシブスタンスをとり相手をなだめながら方向を変える方法
●手首をつかんで引っ張られた場合や胸倉を掴まれた場合の離脱、横からのヘッド、背後からのヘッドロック、後方から抱きつかれた場合など
をスペースの限られた店内で、立った状態、座った状態いずれの場合もトレーニングして頂きました。

 

応用編として、

 

●自分の連れが絡まれたり襲われた場合の対応方法

 

●相手が刃物らしきものをポケットから出しそうになった場合やテーブルの上のものを武器として使いそうになった場合の初動

 

S__102719589

●ナイフで危害を加えられそうになった場合の護身や拘束

 

 

も行いました。

 

ご参考までに、参加下さった皆様からお寄せ頂いた声をいくつか掲載致します!

 

●今日はとても勉強になりました。
動きづらい環境、障害物、靴を履いた蹴りにくい装備、どれも新鮮な練習でした😆

 

●動きも制限されるので、スタジオほどうまくはできなことが分かったです。

 

●意外とハンマーパンチや肘打ちを使うんだなと思った。実戦はぐちゃぐちゃになるであろうことが想像できた。

 

●基本、逃げたいけど、お店で働いていると他のお客さんのこともあるので逃げることができないなので今回のワークショップで大変勉強になった。

 

●相手が刃物を持っている場合、椅子をもってシールドにしようとしたら、意外と両手ふさがるのでどうすればいいか戸惑った。
●自分の危険に対してだけでなく、同行者が襲われた時を学べたのは貴重だった。また、座った状態から起きる危険に対するトレーニングはとても新鮮だった。
など。

 

ジム内でのトレーニング環境との違いを感じて頂けたのはとても大きな経験だったに違いありません。

 

ご参加下さった皆様、昨日のワークショップは大変お疲れさまでした。

 

この経験を今後のトレーニングに是非活かしてください!!

 

 

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733