スタッフブログ「不可思K-1初戦「ゾーンに入る」も額カットで無念の敗戦」

スタッフブログ

不可思K-1初戦「ゾーンに入る」も額カットで無念の敗戦

Staff Blogイベント 2019.7.1

6月30日(日)、プロキックボクサー 不可思選手こと水谷 深インストラクターは、K-1参戦を決めてから初戦となる「K-1 WORLD GP 両国国技館大会」に参戦致しました。

 

S__74391598

両国国技館で初となるK-1開催でしたが、会場は満員御礼!10,500名の来場とのアナウンスが流れました。

 

過去、いくつものリングでチャンピオンベルトを奪ってきた不可思選手は「外敵」としてK-1から話題の選手として受け入れられ、強敵 佐々木大蔵選手と戦いました。

 

(試合をまだご覧になっていない方は、こちらからAbemaTVでご覧ください!)

【ザ・どつき合い!】佐々木 vs 不可思

 

 

以下はTOKYO HEADLINEからの引用です。

 

「入場からギラギラ感丸出しの不可思に対し、佐々木は笑顔で登場と好対照な2人。

 

giragira

↑確かに誰の目にもギラギラ

 

1Rからアグレッシブに攻め込む不可思に対し、佐々木も応じ激しい打ち合いとなる。

 

不可思01

 

2Rに入ると佐々木の左のジャブが不可思の顔面をとらえ始めるが、不可思も左フックを顔面に叩き込むなどともに一歩も引かない打ち合いを展開する。

 

勝負の3R、佐々木が放ったバックブローは手首のあたりが不可思の右目上にヒット

 

激しく出血した不可思にドクターチェックが入る。

 

ryuketsu

↑大出血でせっかくのイケメンファイターが赤鬼の形相に!!

 

試合が止められてはTKO負けになってしまう不可思はここからノンストップのパンチのラッシュを見せるが、佐々木も応戦。

 

再度、ドクターチェックが入る。再開となると不可思は「フォー」と大きく吠え観客をあおると、それまで以上の大歓声が沸き起こる

 

またもノンストップで攻め続ける不可思だったが、やはり出血は止まらず再度ドクターチェックが入ると、さすがに今回はドクターが首を振る。不可思のK-1デビュー戦はドクターストップによるTKO負けとなってしまった。」

 

S__74391592

 

同日開催のどの試合よりも観客の大歓声で盛り上がりに盛り上がりを見せた、不可思選手の熱い試合。

 

流血しながらもリスク承知のうえで激しく打ち合った不可思選手には、50名のマガジム応援団はもちろん、大声援を送りました!!

 

今大会で間違いなく、一番盛り上がった試合だったのではないでしょうか??

 

 

AbemaTVで同試合をご覧になった方は聞かれたかもしれませんが、

 

解説の関根 勤さんのコメント

「不可思らしい熱い試合を見せてくれましたね。また観たいと皆さん思ったのではないですか?」

「また気になるスターが登場しましたよ!」

 

解説の魔裟斗さんのコメント

「(3Rでの激しい打ち合いの最中)不可思、完全にゾーンに入りましたね!」

「不可思の試合を初めて観ましたけど、こんなに血の似合う男はいませんね(笑)」

「もう1回観てみたいですね」

 

と、敗戦にも拘わらず、評価は上々。

 

勝敗は落としたものの、強烈なインパクトを残すことには大成功のデビュー戦でした!

 

ちなみにこちらは日本人の伝説的なK-1ファイターの一人、佐藤 嘉洋さんのツイッター画面。

 

S__74424344

 

すでに次を見据えている不可思選手の未来、本当に楽しみですね!!

 

そして試合後は恒例の慰労会!!

 

S__74391591

↑写真中央が不可思選手。開いた傷口を何針も縫った後に、かけつけてくれました!

 

試合終了が21時であったのに、こんなにも多くの皆さんが不可思選手の健闘を称え、ねぎらいの言葉をかけるために残って下さいました。

 

応援下さった皆様、いつも本当にありがとうございます!!

 

K-1でも確実にインパクトを残した不可思選手。これからの活躍に、是非注目して下さい。

 

不可思選手の応援、どうぞよろしくお願い致します!!

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733