スタッフブログ「元イスラエル兵士が語る「クラヴマガとは」セミナー開催!」

スタッフブログ

元イスラエル兵士が語る「クラヴマガとは」セミナー開催!

Staff Blogイベント 2019.1.29

2019年2月16日(土)、マガジムはジュリアン・リトルトン氏(以下、ジュリアン と記載)を講師に招き、マガジム初の「クラヴマガ座学セミナー」となる『How Krav Maga saved my life』を開催します。

 

ジュリアンは2003年よりイスラエル国防軍(Israeli Defence Forces)に従事してきた(現在は予備役)、本場におけるホンモノ中のホンモノの軍人です。

ジュリアン01

 

彼は過去幾多の現場で、私たちには想像すらできないような、命に関わる危険に何度も直面してきました。

 

それでも命を落とすことなく任務を無事遂行し、いま幸せに生活できているのは、クラヴマガから教わったことのおかげだと言います。

 

絶体絶命の危険に直面し、パニック状態に陥った時こそ、クラヴマガの訓練を通じて身につけた精神が、自らの身を救ったのだそうです。
 

julian

後列左から二番目がジュリアン。実はマガジムのトレーニングに会員の皆さんとともに日々参加してくれている、とても気さくで優しい人物です!)

 

今回の座学セミナーでは『How Krav Maga saved my life』(クラヴマガがいかに私の命を救ったか)をタイトルに、ジュリアンに過去の経験を引用頂きつつ、「クラヴマガとは何か」について、語って頂きます。

 

ジュリアン曰く、
 
今回のセミナーは決して「対岸の火事の、自分の日常とは関係のない戦場の経験談」ではありません。
 
状況の違いこそあれ、人が何らかの非常事態に直面した時、それを乗り越え、解決するために必要なマインドセット(心構え、考え方)について言及するものです。

 

とのこと。
 

それこそがクラヴマガの神髄ですので、マガジムとしても、日ごろクラヴマガをトレーニング下さっているマガジム会員の皆さまには是非、聞いて頂きたいと考えています。

 

※本セミナーは決して上級者だけを対象としたものでなく、護身について真剣に考えていらっしゃる方であれば、クラヴマガ歴を問わずどなたでも聞いて頂きたいと考えます。

 

日本では初の、普段絶対に耳にすることができないとても貴重なこの機会。本セミナーをお見逃しなく、是非ご参加下さい!!

 

■■セミナー概要■■

タイトル:
“How Krav Maga saved my life.”
(クラヴマガがいかに私の命を救ったか)

※講師は英語でお話しますが、逐次通訳の方をお願いして日本語に訳して頂きます。

 

日時:
2019年2月16日(土) 14:30~16:30
 

場所:
マガジム赤坂店
※六本木店・赤坂店どちらの店舗にご所属の方でもご参加頂けます。
 

定員:
50名

 

参加費用:
3,000円(税込)

 

お持ちいただくもの:
筆記用具・ノート等

※講師のご要望上、当日の録画、録音はお断りしております。あらかじめご了承下さい。

 

申込方法:
マガジム六本木店・赤坂店 受付にて参加費用をお支払い下さい
定員に達し次第、申込受付を終了致します。
 

■当日のテーマ:
1. About me and how I started.
(自己紹介と私がクラヴマガをどのようにして始めたか)

2. My training experience.
(訓練で経験してきたこと)

3. The hardest week.
(最も過酷だった一週間)

4. Why it saved my life.
(なぜクラヴマガが私の命を救ったか)

5. The psychological application of krav maga in day to day life.
(クラヴマガの、メンタル面での日常生活への応用)

6. 質疑応答

 

 

■講師プロフィール
ジュリアン・ガイ・リトルトン

1984年、南アフリカ生まれ。19歳よりイスラエル国防軍(Israeli Defence Forces)に従事。国境警備、空港警備、人質救護など、数々の危険度の高いミッションに携わってきたスペシャリスト。

2016年から2018年にかけては、他国の大統領警護チームに対する技術訓練責任者として従事。クラヴマガとその警護への応用はもちろん、セキュリティに関する広範な知識と技術を他国へも教授した。

 

 

■マガジムとジュリアンとの接点

日本人を妻に持つジュリアンが東京に居を構えたのが2018年10月。
近隣にクラヴマガのトレーニングを教えているジムがあることに興味を持ち、自らマガジムに訪れてくれました。

 

その後ジュリアンはマガジムへ入り、一般会員の皆さんと一緒にトレーニングに参加され、今でも日々汗を流されています。一方同時に、マガジムインストラクターに対して過去の経験や技術の伝達といった大役を、積極的に買って出てくれています。

 

とても気さくなジュリアンは、自らの現場の経験やクラヴマガから教わったことを、しばしば雑談で話してくれるのですが、その内容が驚くべきほど貴重なものばかり。

 

本当の経験をしてきたが故に伝えられるリアリティとスピリットに溢れており、雑談で終わらすことなど決してできない、素晴らしい話ばかりでした。

 

今回マガジムは、その話をインストラクターやスタッフが聞くだけに留めてはいけないと考え、是非この機会を会員の皆さんとシェアしたく、今回のセミナー開催に至りました。
 

どうぞご期待下さい。

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733