マガコラム「もし危険な場面に直面したら?〜石川インストラクターの護身の心得〜」

マガコラム

もし危険な場面に直面したら?〜石川インストラクターの護身の心得〜

Maga Column護身 2018.6.17

2018年ももう半分が終わろうとしていますが、この半年の間でもニュースや新聞等のメディアを通してたくさんの“危険なニュース”を目にしてきました。

しかし、我々が日常生活の中でも目にする“危険なニュース”は、あくまで数多くある事件の中での“ごく一部”のものです。

そして一般のメディアで取り上げられる“危険なニュース”は、どれもインパクトの強いものなので、事件発生時は大きく取り上げられますが、すぐに話題性が落ち着いて行くと目にする回数は少なくなっていき、我々の意識も薄れていってしまいます。

まるで“危険な事件”自体が起きていなかったかの様に。

 

25007204_1503574836398701_3082022300581625856_n

しかし実際に危険は常に身近にあると言っても過言ではありません。

勿論、“危険な事件”の当事者、被害者になりたいと思っている人なんていませんし、その様な危険な場面とは関係の無い世界で生きていく事が理想でしょう。

ですが実際に被害者となっている方のほとんどの方がいつも通りの日常を過ごしている時に、覚悟も準備もしていない“日常生活の中”で不意に事件に巻き込まれてしまっているのです。

 

いつ何時危険な場面に合うかわからないからこそ、護身術クラヴマガは誰もが身に付けておくべき技術です。

しかし、クラヴマガの技術を身に付けて強くなったから「危険な場面に直面しても大丈夫」と言う事では決してありません。

 

むしろ、クラヴマガの技術を身に付け強くなった時こそ、再度【危険に対する意識】を考え直す必要があります。

 

本日のマガコラムでは、クラヴマガ歴7年。クラヴマガブラックベルトを保有し、空手、柔道、少林寺、総合格闘技のバックボーンを持つ石川インストラクター危険に対する心構え、そして石川インストラクターの考える“護身”についてお話をお聞きしました!

 

35403883_1543115622483194_2359921582387757056_n

力に自信のある人でも、絶対に油断してはいけません。

「僕もこれまでクラヴマガや格闘技のトレーニングをずっと行ってきていますが、それはあくまで生存率を1%でも上げるためのものであって、ヒーローになるためのものではないんです。

クラヴマガや格闘技をやっている人の方が中途半端に自信を持って不用意に危険な場面に飛び込んで大けがを追ってしまう事もあります。どんなに力や技術があったとしても絶対に油断は禁物ですから、そこにある自信は=油断となってしまいます。

何があっても命を落とす事だけは絶対に避けなければなりませんし、“危険な場面”こそ気を引き締めていかなければなりませんから、絶対に油断は禁物です。

そう言った意味でも、人が亡くなってしまう事件と言うのは本当に胸が痛みますし、どうにかその事件を回避できなかったのか?と、そのような事件を目にする度に思っています。

 

石川インストラクターが日常生活の中で意識する“護身”!!

“危険な事件に遭遇しない”と言う事が一番の理想である事は間違いありません。

そのために僕が普段から日常生活の中で心がけている事は、“五感を遮らない”と言う事です。これは誰にでも簡単に意識出来る事だと思います。

 

“五感を遮らない”と言うのは例えば、スマートフォンを触りながら歩いていたり、音楽プレイヤーで音楽を聞きながら歩いている人は“五感を遮ってしまっている状態”です。視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚…五感の一つでも遮られてしまうと、とっさに危険を察知する事は出来ませんし、危険に直面した時の反応が遅れてしまいますから瞬時にベストな判断が出来なくなってしまいます。

僕が考える“護身”において一番の重要点は、常に冷静な判断が出来る事だと思います。

そのためにも、音楽プレイヤーやスマートフォンは勿論、五感を遮る行動はとらない様心がけています。

 

相手が武器を持っている等…より危険な状況でこそ、冷静な判断を!!!

最近起きた事件の一つに、被害者を助けようと仲裁に入った人が逆に被害にあってしまうと言う事件を目にしました。

先程も言った様に、格闘技や武道、護身術の経験がある人程、不用意に仲裁に入ってしまいます。

勿論、目の前で危険な目にあっている人を見過ごす事は出来ないでしょうし決してそれが悪いと言うつもりはありません。正義感の強い人であれば特にそう言った勇敢な行動がとれると思います。

 

でも、ただでさえ人に危害を加える危険な人物に対して…それも武器を持っている人物に対して、丸腰で一人で向かうのは、冷静な判断ではないと僕は思います。

 

相手が武器を持っているのに武装もせずに止めに入るのは、危険過ぎます。

その場で武器を調達するのは難しいかもしれませんから、タオルや傘など周囲にある物でも“武器”として応用出来る物はいくらでもありますから、武器になりそうな物を手にした状態で、さらに数人で止めに入る事がベターです。

「誰か一緒に止めてください!」

では、その様な状況では誰も動いてくれないでしょうから、

「あなたとあなた、僕と一緒に止めに入ってください!」と言う風に名指しで呼んだうえで3〜4人で止めに入る事で、被害を最小限に抑える事が出来ると僕は思います。

 

心身ともに鍛えられるのがクラヴマガの最大の魅力!!!

その様に冷静な判断をするためにも護身術クラヴマガのトレーニングは非常に有効だと思います。

 

危険な場面に直面した時だけでなく、仕事や人間関係、どんな状況であっても“冷静な判断”をする“冷静さ”はとても重要だと思います。

クラヴマガのトレーニングはメンタル面を鍛える事も出来、“強さ”を追求するだけでなく文字通り“心身ともに強く”なる事が出来るので、護身を心がける人は勿論、自分に自信を持ちたい方や、いざと言う時に大切な人を守りたい、そんな人は是非マガジムでクラヴマガトレーニングを行い、護身術を身に付けていってもらえればと思っています。

 

身も心も鍛えられるマガジムでは、誰でも強くなり、そして“変わる”事ができます。

一緒にマガジムでトレーニングしていきましょう!」

石川インストラクター

 

 

 

17327969_1103847086410052_473568257_n

石川インストラクターのクラヴマガ指導が受けられるのはマガジムだけ!!!

 

マガジムでは未経験者/初心者大歓迎!

誰でも楽しく、そして実践を意識したトレーニングを行う事が出来ます。

6月は入会金が無料になるキャンペーン実施中です!

 

 

04
会員の女性比率はなんと全体の四割!マガジムでは女性も楽しくトレーニングを行っています♪
女性が通える護身術クラヴマガのマガジム

 

 

マガジム赤坂店でスタートしましたLINE@皆さんもう登録して頂けましたか?

19191059_1196908293770597_121126516_n

LINE@登録は、上記のQRコードをLINEの友達追加のQRコード読み取り、またはLINE@で「 マガジム赤坂店 」で検索してください♪
https://line.me/R/ti/p/%40koe3295l←こちらからも登録可能です!

 

 

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733