マガコラム「体幹トレーニング:フロントブリッジ vol.2」

マガコラム

体幹トレーニング:フロントブリッジ vol.2

Maga Column体幹トレーニング 2014.2.7

2014年、年が明け1月が過ぎ冬真っ只中の2月、皆さんトレーニングをされているだろうか?

寒くなると、人は活発に身体を動かさずに脂肪が増え、動きが悪くなる傾向がある。現代人は運動不足ではなく身体活動不足とも言われている。

昔は生活そのものが労働だったが、現代では日常生活で身体を使わなくなった。日常で消費するカロリーは減る一方だ。

 

暦の上では節分を過ぎると立春がある。

立春は一年の始まりとして、元旦と並んで節目となる大事な日でもある。

昔からとくに尊ばれていたため、物事を始めるにはとても良い時期とされている。

さあ皆さんも冷えた身体をマガジムトレーニングで温めに来てみてはどうだろうか?

 

今回のテーマはフロントブリッジのバリエーションだ。

体幹の主に腹横筋が鍛えられ、速攻でお腹の形も変わってくるという。

IMG_5247

うつ伏せになって両肘を地面に着く。

両脚の開き具合は肩幅程度で良い.

肘とつま先で体を支えながら腰を浮かせる。

この時、お腹を引き締めながら頭から背中、腰、足が一枚の板のようにまっすぐにする。

まずは30秒間トライだ!

慣れてきたら60秒間×5セット、きっと汗がにじみ出てくことだろう。

 

 IMG_5256

バリエーション1

膝を胸の方へ引き付ける。

足首を伸ばす形でつま先を地面にすらないようにする。

30秒間、左右交互に引きつける。

この膝の引き上げは蹴りや膝蹴りのために役立つ。

 

IMG_5266

バリエーション2

膝を外側から肩に寄せるように引き上げる。

30秒間、左右交互に引き上げる。

お腹を引き締めながら体のラインが一直線をキープ。

蹴りのディフェンス、スネ受けに役立つ。

 

IMG_5258

IMG_5262

バリエーション3

腕立て伏せの形からバリエーション1の足の動きをする。

走るように足を素早く入れ替えてダイナミックに動いてみよう。

有酸素運動としても良い。

 

体幹トレーニングでの腹横筋の強化は、ウエストの引き締めだけではなく腰の安定性が高めることができる。

姿勢改善につながり、運動能力UPに繋がるのだ。

腰への負担が軽減されるため、腰痛やぎっくり腰対策にもなるのだ。

 

もっと鍛えたい方は、マガジム六本木へ。

お待ちしております。

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733