マガコラム「夜寝る前に食べちゃいけないけど何がおススメ??」

マガコラム

夜寝る前に食べちゃいけないけど何がおススメ??

Maga Columnダイエット健康 2016.8.27

【夜寝る前に食べちゃいけないけど何がおススメ??】

MagaGYMで護身術やフィジカルトレーニングをした後、またお仕事の残業で帰りが遅くなってしまったりありませんか?
生活が充実していても、多忙だとどうしても食事の時間が遅くなりがちですよね。
今回は、夜遅く食べると太ると言われている理由と、もし食事をするとしたらどんな食材がおススメなのか、その二つについて調べてみました!
強い体、健康的な身体づくりを目指す方も、ダイエット中の方もご一読ください。

まずは、夜遅い食事が太る理由についてです。
夜は、日中と違って体や頭を使いエネルギーを消費することはほとんどなく、眠ることで使われるエネルギーもごくわずかなので、夜遅い食事によって得たほとんどのエネルギーは使われないままになってしまう、ということが挙げられます。
他にも、夜は自律神経の働きで代謝が抑制されている、という点もあります。
夜遅い時間は、身体を休めてリラックスするために副交感神経が活発に働いています。
副交感神経が働いているときは代謝が抑制されるため、使われなかったエネルギーが脂肪へとしっかりと蓄えられてしまうのです。

では、どうしても夜遅くに食事をしなければならない場合、どんなものを食べたらよいのでしょう?
みなさん、自分のカラダを脂肪から護身しましょう!
実は、寝る前に食べると痩せると言われている食材がある様です。
それは、バナナやヨーグルト、それから納豆!
バナナに含まれる成分には成長ホルモンを活性化させる作用があるため、新陳代謝が良くなり疲労回復の効果もみられます。
また、ヨーグルトや納豆に含まれている乳酸菌には胃腸の調子を整える効果があるので、代謝アップに繋がるそうです。
他にも眠る前にお白湯を飲むと、内臓が温まり基礎代謝が上がって消費カロリーが増えるので、痩せたい場合などにはこちらもおススメです。
また睡眠を助ける夜食素材としてオススメするのが、湯豆腐です。
ビタミンB1が睡眠を助け、血行を促進するビタミンEが含まれています。
どうしても小腹が空いて寝付けない時には、チーズや半熟卵、ナッツが効果があるそうです。
血糖値が維持され睡眠が促進されるなのだとか。

しかし、基本的にはどんなに遅くても眠る二~三時間前までには食事を済ませることは念頭におきましょう。
睡眠時は胃腸の機能も低下するため、消化に時間がかかり胃に負担がかかってしまいます。
胃もたれがおきると翌朝辛いだけでなく、良質の睡眠がとれなくなるので疲労が抜けない…なんてこともおきてしまうのです。
夜遅い食事はなるべく避け、それでも遅い時間に食べなければならない場合は、痩せる効果が期待できる食品をとるように心がける。

このことを心がければダイエットにも効果てきめんですので、日頃の運動を続けながら、より健康的な身体づくりをしていけるよう頑張りましょう!

お申し込みはこちら

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733