マガコラム「【あなたのお風呂の適正温度って何度でしょうか?】」

マガコラム

【あなたのお風呂の適正温度って何度でしょうか?】

Maga Columnダイエット健康 2016.5.2

【あなたのお風呂の適正温度って何度でしょうか?】

MagaGYMではよく会員さんから『運動が終わった後、お風呂は入ったほうがいいんですか?』等の質問を承ります。
結論から言うと、運動後の入浴はお勧め致します。
お風呂の温度によって身体への効果が変わってくるというので、今回はお風呂の温度とその身体効果について書きたいと思います。

[お風呂の温度]

高温浴:42℃以上の湯に浸かる入浴方法
中温浴:39℃から42℃に
微温浴:36℃から39℃に
*文献によって多少の誤差あり

このようにお風呂は、温度で大きく3つに分けられ、日本人の平均的な湯船の温度は40~41度だそうです。
40度より温度が高いお湯は交感神経が優位になり、低いと副交感神経に優位になる。
つまり、シャキッとしたい時は熱めの湯、リラックスしたい時は低めの湯が良いということですね。
お風呂の温度は1度違うだけでも敏感にわかりやすいといいます。
温度が1度違うだけで、短い時間で効果倍増にもなるそうです。
また、血液はおよそ1分で全身を一巡するスピードで体内をめぐっているのだそうです。
身体を芯(しん)から温めるには、約20分が目安が良いようです。
今時分の春~夏の季節は暖かくなってきていますので、37℃~39℃のぬるま湯が適温とも言われています。
季節によって温度調整をすることも快適なお風呂ライフの一つですが、「入浴目的」から選んでみるのも良いでしょう。

★42℃前後で疲労回復を★
熱めのお湯では、交感神経が働き、新陳代謝が促進されます。
筋肉の疲れをときほぐすならこの温度!
また43℃前後、半身浴で10分ほどの入浴は疲れを回復させる入浴法だそうです。
交感神経が働いて、新陳代謝が促進され、疲労物質が取り除かれるとされています。
汗をかくことで体に溜まっている老廃物も排出されるので、疲労が回復されるそうです。朝のすっきり目覚めには熱めのシャワーでシャキッと!
足湯は42℃が良いようです。
高温での長時間入浴は、身体への負担が大きいので注意しましょう。
高温浴の場合は5分程度の入浴で、休憩をはさみながら何度か入浴する「反復浴」という方法も良いようです。

★41℃で肩こりに★
肩こりに効果的なのがこの温度!
41~42℃のお湯で、30分ほど全身浴をしましょう。
軽いストレッチをしたり、浴槽のふちに頭を預けたりして、首に重みがかからないようにしながら首筋の緊張を解きほぐすと良いようです。
また、首をすくめるように肩を持ち上げて一気に力を抜いてみたり、首をゆっくり回したり、軽いストレッチをすることもオススメです。
血行を良くして新陳代謝を高めることで、疲労物質が取り除かれるそうです。

★38℃でリラックス★
眠りの質を上げたいならこの温度!
38℃前後の、自分に合う温度のお湯に、半身浴で入りましょう。
入浴で体温を上げて熱を放散させる準備ができると、交感神経を鎮め、副交感神経を働かせることでリラックスでき、眠りの質もUPするそうです。。
就寝の一時間以上前の入浴がおススメです。
人は体温が下がる際に眠りにつくと、ぐっすり眠れると言われています。
逆にお風呂から出た後すぐに眠りたい場合は、熱い湯船に浸からないようにしましょう。

トレーニング後の入浴の場合、すぐではなく30分~1時間ほど経って、体を十分クールダウンさせてからにしましょう。
クールダウン中も脂肪が燃焼されています。
疲労回復のため、血液が酸素の供給と疲労物質の排泄をしています。
すぐに入浴をすると、この効果が薄れるという諸説があります。
これを踏まえて、少し時間を置いてから入浴されてみてはいかがでしょうか。
また、入浴前後には必ず十分な水分補給をお忘れなく!
*諸説あり

お申し込みはこちら

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733