武器に対する護身の基本KM Weapon Basic

クラヴマガの醍醐味。武器に対する護身テクニックを学ぶ!

クラヴマガの最大の特徴の一つは、武器を持った相手に対する護身テクニックが豊富で実戦的であること。

KM Weapon Basicは、相手がナイフのような鋭刃を持っている場合や棒状の武器を持っている場合、更には拳銃を持っている場合など、武器に対するクラヴマガの基本的な護身テクニックを扱います。言うまでも無く、武器を持った相手から身を守るのは容易なことではありません。クラヴマガは速習可能なシステムである一方、本当に使える技術を身につけるには、しっかりトレーニングを積む必要があります。このクラスでは、クラヴマガの武器に対する護身テクニックの基本に特化したトレーニングを行います。

※本クラスはKM1を10クラス以上参加し、クラヴマガの基本的な打撃や護身を経験された方のみご参加頂けます。クラス進行の都合上、完全初心者の方にはご遠慮頂いておりますので、あらかじめご了承下さい。

km weapon basic
  • 初心~上級者向け
  • 60分クラス

写真で見るKM Weapon Basicの概要

  • 正面から銃口を向けられた場合。相手の死角から素早く銃口をリダイレクト!(向きを変えること)
  • 正面から銃口を向けられた場合。相手の死角から素早く銃口をリダイレクト!(向きを変えること)
  • 銃口をこめかみに向けられた場合で基本動作は正面からの場合と同じ。統合されたシンプルなシステムなのがクラヴマガの特徴。
  • 銃口をこめかみに向けられた場合で基本動作は正面からの場合と同じ。統合されたシンプルなシステムなのがクラヴマガの特徴。
  • ディフェンスとカウンターアタックを同時に行うのもクラヴマガの特徴。
  • ディフェンスとカウンターアタックを同時に行うのもクラヴマガの特徴。
  • 背後から銃口を向けられた場合。エルボーは相手と近接した際のカウンターとして効果的。
  • 背後から銃口を向けられた場合。エルボーは相手と近接した際のカウンターとして効果的。
  • 拳銃のリダイレクトからコントロール。このシーンの後ディスアーム(武器の奪取)が続きます。
  • 拳銃のリダイレクトからコントロール。このシーンの後ディスアーム(武器の奪取)が続きます。
  • バットや木刀など、棒状の武器に対する護身。武器の特性を殺すためにも、相手の懐に素早く飛び込みます。
  • バットや木刀など、棒状の武器に対する護身。武器の特性を殺すためにも、相手の懐に素早く飛び込みます。
インストラクター

インストラクター
奈良恒也のコメント

ナイフ、棒、拳銃といった武器をもった相手に対する基本的な護身のトレーニングを行います。 万が一凶器で襲われる事があれば、それは致命傷になる確率が非常に高いといえます。だからこそ他のクラス以上に危機感を持って真剣にクラスに臨んでもらえるよう、心がけています。

護身をしっかり!関連クラス

その他のクラス

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733