武器に対する護身上級テクニックKM Weapon Advance

クラヴマガの醍醐味。武器に対する護身テクニック上級編!

KM Weapon Basicのテクニックについて一通り習得されている会員の方だけが参加できる、武器対策の護身術テクニックの中上級者向けクラス。

通常KM2以上のクラヴマガの護身術クラスに参加されており、KM Weapon Basicクラスを30クラス以上参加している方が対象です。

km weapon advance
  • 中級~上級者向け
  • 60分クラス

写真で見るKM Weapon Advanceの概要

  • ベーシックレベルではディフェンスして一撃を加えたらすぐ逃げるのがナイフのセオリーでしたが、このレベルではナイフのディスアーム(武器の奪取)まで修得します。
  • ベーシックレベルではディフェンスして一撃を加えたらすぐ逃げるのがナイフのセオリーでしたが、このレベルではナイフのディスアーム(武器の奪取)まで修得します。
  • ホステージ(人質)状態からの護身。極めて危険なシナリオですが、護身の動きはKM1で扱う「後ろからのヘッドロック」とほぼ同一。シンプルなシステムなのがクラヴマガの特徴です。
  • ホステージ(人質)状態からの護身。極めて危険なシナリオですが、護身の動きはKM1で扱う「後ろからのヘッドロック」とほぼ同一。シンプルなシステムなのがクラヴマガの特徴です。
  • ロングガンを向けられた場合の護身。初動のコンセプトは拳銃に対する護身とほぼ一緒。
  • ロングガンを向けられた場合の護身。初動のコンセプトは拳銃に対する護身とほぼ一緒。
  • 両手でコントロールして、ノズル部分を打ちつけカウンターアタック。相手の武器を自分のために利用。
  • 両手でコントロールして、ノズル部分を打ちつけカウンターアタック。相手の武器を自分のために利用。
  • 拳銃を両手で力強くコントロールして、股間蹴りのカウンター。正面から拳銃を向けられた場合の護身のオプション。
  • 拳銃を両手で力強くコントロールして、股間蹴りのカウンター。正面から拳銃を向けられた場合の護身のオプション。
  • 棒状の武器に対する護身もディスアームまで。相手にカウンターを与えて緩んだと同時に奪取。
  • 棒状の武器に対する護身もディスアームまで。相手にカウンターを与えて緩んだと同時に奪取。
インストラクター

インストラクター
石川幸生のコメント

クラヴマガの武器に対する護身のクラスで、ウェポンベーシックより更に難しい状況を想定した、高度な技術習得を目的としています。 難易度が高いテクニックは多いですが、参加されている会員の皆さんのレベルに応じて基礎からしっかり復習し、うまく応用まで伝授したいと思ってます。

護身をしっかり!関連クラス

その他のクラス

MagaGYM 六本木店

03-6432-9945

MagaGYM 赤坂店

03-5797-7733